■福岡で練習

出張中の今週はお天気にも恵まれたので、午前中から練習に行ってきました。

と、いっても、クラブ持ってきていません。。。調べてみると西新ゴルフセンターというところがアウトドアで交通の便もよさそう。西新は「にしじん」と読みます。ここにはゴルフパートナーさんが入っているので、試打クラブ貸してもらおう、と企んだわけです。

DSC_0430

奥行きは広くありません。向こうのネットまで100Yちょっと。真ん中のグリーンの奥いっぱいに100Yの標識があります。

天神のホテルに泊まっていますが、そこから地下鉄で4駅、10分足らずで西新に着きます。そこから徒歩8分くらいかな。

お天気は最高!風もほとんどなく穏やかですが、気温26℃って・・・夏ですね。

ゴルパで47°のウエッジ、フォーティーンのDJ-33とSrixson785の7番を借りました。

このウエッジ、なかなか優れものです。100ヤードのグリーンにビシビシ乗ります。体感ですが、8割ほどグリーンオン!引っかからないんです。

その後7番を打ちましたが、これは予想通り左への巻き球がほとんど。ヒューマンでも借りて打っていましたので、同じ球筋ですね。YONEXならこんな球はあまり出ないんですがね。。。ネットの上のほうにある150Yの表示の上下には行っていましたので、やっぱり気温が上がると飛びも違うんだなぁ、という印象です。

西新ゴルフセンターはICカード方式で、カードに入金しておいてから球貸し機からボールを出して打つ、という感じなんですが、札幌から来ていて、たぶん再来場はなと事を告げると、現金で球を出してくれました。いい感じのフロントの姉さんでした。

ゴルパの店員さんも札幌同様気さくな方が対応してくれました。

あのウェッジ、欲しいなぁ、と思いました。PWの下が52°ではちょっと距離が空きすぎるんですよ。100Y打てるクラブが欲しかったので、そんな風に思いましたが「持って帰るのが面倒だな」と思い、あきらめました。あのウエッジは絶対フラットな調整になっていると思います。

そういえば、先週は名所でもある大濠公園にも行ってきました。桜は葉桜がほとんどでしたが、何本かはまだ割いていました。
DSC_0426

こんな感じのところもあり、満開の時は綺麗だろうな、と思いました。↓
DSC_0425

大濠公園は西公園と東公園があり、西公園は大きな池の周りに2Kmほどの周回道路があり観光客やジョギングする人たちでにぎわっていました。
DSC_0428
DSC_0429

福岡はいいところですが、さすがにもう帰りたいです。あと1週間の辛抱か。

特に食べ物に困ります。というか、面倒くさくなって、食べなくてもいいか・・・ってなってしまいます。それに、洗濯もしないといけないので。

帰るといきなりのGWです。頑張れ、俺!

広告
カテゴリー: クラブ, 未分類 | 6件のコメント

■福岡行き前に最後の練習

昨日、平日休みを利用してヒューマンへ。暖かかったけど風強し。着いてみると強風のため屋上はクローズでした。。。ネットも5mほど下げてあるとか。

う~ん、かなりのアゲンスト。

先日調整してもらった7Iを中心に1時間ほど打ち込みました。この日は他のアイアンもライ調整してもらうつもりだったので、ウッド系はドライバーのみです。

そこそこ当たってはいるものの、シールを貼ってみると先に当たっていることが多かったので、ちょっと調整しながら打っていましたが、どちらというと先目が多かったです。アイアンの重量が軽いのかもしれませんね。

5Iも試してみました。割と上手く打てます。高さも出るようです。YONEX CB301はポケットキャビティにカーボンを埋め込んだヘッドですが、下あたりにはある程度強いようです。

MyAttasGeneration2を装着したドライバーは好調!大きくミスをしたのはスライスと大きなフックが1本ずつ。高さも思い通りで球筋はやや右に飛び出し軽いフェード。練習場のボールではこの球が一番安心です。本球ならばストレートから軽いドローになります。

強いアゲンストのため、ネットまではほぼ行きませんでしたが2球ほど届いたかもしれません。以前テーラーのM5やM6、キャロのEpic Flashなども借りてみましたが、PRGR RS-Fと変わらない感じでしたので、取り替える気持ちはありません。

2つ隣の打席ではTitleistの試打会をやっていました。平日で暇そうだったし、FWに興味があったので、ちょっと打たせてもらいました。

まず、ヘッドはTS2のクリーク。TITLEIST-TS2-FW-SOLE
↑これは3Wです。

シャフトは純正のSpeeder519から。50g台の先が走るタイプのようです。

SPEEDER515

いい感じで飛んでいましたが、弾道が高いのとトップが多かったので60g台のThe ATTASの6Sに交換。若干フェード島市が、これはボールのせい。弾道が高かったのでヘッドをTS3に交換。

こっちのほうが重心が浅いせいか強い球が出て振り抜きもよかったので、以降はTS3のヘッドで試打しました。

TITLEIST-TS3-FW-SOLE

TheATTASも中調子でよかったのですが、弾道が高かったので、スプーンにも挑戦。1インチ長くなったことでミートしにくかったです。
UTが21°なので、18°くらいがちょうどよさそうですが、UTとの流れよりも、できればドライバーの流れに近づけたいので16°~17°でやや長めがいいのでは?と相談したところ、『それなら16.5°のバッフィーがあるので、どうですか?』と教えてくらました。タイトって4Wあったんですね。

で、VR6がいい感じだったことを伝えると、それに入れ替えてくれました。ドライバーと少し印象が違って、ダフリやトップが多く出てしまいました。やはり手元側が硬くヘッドが跳ね上がるのかもしれません。
The ATTASは悪くはないのですが、動きが大きい感じで、『高級な純正シャフト』って感じでした。それよりもTS3の純正TourAD60というのが中調子っぽくて気に入りました。スリーブ付きで、「SURE FIT CGウエート」が付いているので、調整幅は大きそうです。

ヘッドを並べるとこんな感じ。(左:TS2、右:TS3)

TS3のほうがやや小ぶりです。

これ、かなり興味がわきました。

 

帰りにHKゴルフピットさんによって、ライ角調整してもらいました。純正でわりときっちり仕上がっているようで、やっぱり国産だなぁ、と思いました。それにしてもロフト・ライの調整は、ほんとに『匠の技』ですね。
ネックのつくりからして、ライをフラットにするとロフトが立つように思うのですが、それも加味して調整するのだそうです。単純にライをフラットにするだけでなく3次元的に斜めにあおるようです。
TONEXのアイアンはかなり柔らかい素材のようで、最初クイッとあおったら、かなり動いたようです。以降は強さ加減が分かったのか、ほぼ2~3回でバッチリ直してくれました。
ついでにロフトも調べてもらいましたが、5番だけ1度立っていたようです。

このプロ技で1本500円は安すぎるような気がします。

てなことで、明日から福岡出張です。3週間ほど行ってきます。

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 6件のコメント

■飛距離ちょっと回復か?

練習行ってきました。

前回かなり飛距離が落ちていて、がっかりしていました。PWで100ヤードも打てていなかったし7Iでも135ヤードのグリーンに届いていませんでした。

なにか力が入らず、ぎくしゃくしていた感だったので、いろいろ試行錯誤してみましたが、いきつくところグリップが原因のようでした。少しだけフック目にフィンガーで握ってみると振りやすくなり、距離も戻ってきました。グリップとアドレスは大事だと言われますが、ほんとそうなんですね。

それから、一昨日早めに仕事が終わったので、7IとPWと58°のライ角を調整してもらいました。
今日はその試打も兼ねていましたが、ほぼピッタリな感じで、ひっかっかりがなくなってきました。7Iではほぼ真っすぐに目標に飛んでいきます。もう少し身体が動くようになれば思っていたような弾道になりそうな手ごたえです。

58°はまだ少し引っかかるのですが、これはクラブが合わない?トゥがクルっと回る感じです。

それと、体調不良になる直前に仕入れていたドライバーのシャフトも仕上げたので、これも試しました。

myattas2

UST Mamiyaの工房専用モデルMy Attas Generation2です。フレックスは5S。
だいぶ古いシャフトですが、以前、YAMAHAのドライバーでATTAS4Uを使っていたころ一度試打したことがありました。その時は4Uよりも撓り戻りが速い感じで手元が撓ってくれていたように思いました。あの頃は先が走らないとスライスしていたので、導入はしませんでしたが、今のスイングなら会いそうに思って、オークションで落としていました。元々80tフルレングスの高級なシャフトだったので効果でしたが、今は中古価格もかなりこなれていたこともあります。

これ、かなりいいです。球筋が安定します。真ん中あたりが硬いなぁ、という感じですが、手元の撓りは以前の感触がよみがえってきました。撓り戻りのスピード感はさすが80tという感じですが、左に巻き込むようには動きません。先は硬めなんでしょうね。中間のちょっと下あたりから加速していくようにも感じました。手元が柔らかく感じるので、インからは入れやすいです。

球筋はDiamanaRFに比べるとやや低めでスリーブポジションはノーマルでちょうどよさそう。RFの場合はマイナス1°にしないと球が上がりすぎますが、そのポジションではライ角がフラットになり、右に抜けていく球が多いので困っていました。ウッド系の長いクラブはライ角の影響を受けやすいそうです。まさにその通りな印象です。

練習球ではほぼストレートからややフェード。本球が2つ出てきましたが、どちらも軽いドローでしたので、扱いやすい感じがします。たまに大きなヒッカケフックが出ますが、これはスイングのせいでしょう。

同じタイミングでRFも打ちましたが、左右に散っていました。昨年はドライバーが左右に暴れて、OBも結構打っていましたが、今年は一昨年のように安定すればいいなぁと思います。

ああ、飛距離ですが、まだよくわかりません。今日は打席の関係で落ちどころが最深部になるのでなかなかネットまでは行きませんでしたが、(確認できたのは本球を除いて2つかな?)まずまずの感じです。どうやらこれがエースになりそうです。

カテゴリー: クラブ, 練習 | コメントをどうぞ

■復帰!

しばらく体調不良で休んでいました。

2月の中頃にちょっと風邪をひいて咳が出ていました。薬局で咳止めをかって飲んでいたら、それが合わなかったのか、手のひらにポツリポツリと水疱が出始め、足の指先にも・・・

そんなころ、丁度地震で地下鉄が止まり、札幌駅あたりから自宅まで歩いて帰るハメに。。。足元がわるかったこともあり1時間40分ほどかかりました。(あの時、LINEで応援いただいた皆様、ありがとうございました。)

そんな疲れが溜まってか、次の日から水疱が多数できてきて、猛烈な痒みがやってきました。「あれ?これって、手足口病ってやつ?」とにかく、気が狂いそうになるほど痒いのです。手を組み合わせて、擦り付けるように掻いていると、エクスタシーを感じるほど気持ちがいい!

そのあおりで、一層水疱が広がり・・・やっぱり手足口病だ、ってことで、皮膚科へ。
塗り薬と飲み薬もらって、静養。

実はこの週末のHONMAのドライバー借りてましたが、痒みから痛みへと変化した手のひらでは当然クラブを握ることなどできません。というか、レンタルクラブ独特のボックスを開けることさえでき真伝でした。

明けて月曜日から2日ほど仕事もお休みしました。

ようやく今月初めころにはよくなったのですが、どうも体力が・・・なにかだるかったり、急に寒くなったりで練習にも行けていませんでした。

で、今日、やっとの思いで練習場へ。
DSC_0419

だいぶ春らしくなってきました。そろそろ屋上開かないかなぁ・・・

球筋はまずまずでしたが、スイングのスピードが著しく落ちている気がします。やっぱり体力が一気に落ちた気がします。ちょっと何か運動しないと、です。
20190326

それはそうと、来月は第2週からGW前まで福岡に出張してきます。その間、ラウンドのお誘いを受けていましたが、残念ながら不参加になってしまいました。

皆さん、そろそろラウンドされていることでしょうが、私のシーズン初ラウンドはGW中になりそうです。

カテゴリー: 練習, 未分類 | 4件のコメント

■今村プロのレッスン

今日は代休なので、午後から今村プロにレッスンをお願いしていました。

昨年も見ていただいて調子よくなったので、今年もお願いしていました。

ウォーミングアップをしている間も、他の人のレッスンをしながらチラ見してくれていたようで、インパクトが安定しないところを指摘されました。
そうなんです、この頃芯に来ないことが多く、困っていました。

レッスンの内容は、まず、体を一切使わず、腕の曲げ伸ばしだけでボールを掴まえる練習から。直立して正面にクラブを構え、肩や腰を回さず腕だけでクラブを右に。その時右腕が曲がります。左腕も多少曲がってもいいそうです。
正面に戻し、クラブフェースの向きがスクェアかどうかを確認し、フォロー側で右手が上、左肘が折れ曲がる、そんな感じのシャドースイングです。

それに慣れたら、広めのスタンスで実際にボールを打ちます。この時引っかかってもいいそうです。トップまで(といっても腰あたり?)いったら右手中心に開いたフェースを元に戻す、その勢いでフォロー(といっても左腰あたり)までヘッドの重みを感じるように一気に振る、そんな感じです。

約1時間くらい同じことを繰り返していました。その間、いろいろ試行錯誤しました。

右手が左手を追い越すとき、フリップしない

フォローで前傾を変えない

そんなことを注意していましたが、ついついフリップして大きく引っかかったり、早めに体が起き上がってトップやシャンク気味の球が出たりしました。

やっと慣れた感じで、打球音がちょっと変わってきたころ、打った後にフィニッシュまでもっていくことを教えてもらいました。打った後に腰を回し肩も回して、右足踵を上げて正面を向く感じですね。

ここでも立ち上がりが早いことを何度か指摘されました。

最後は、バックスイングですが、クラブが8時の位置まで腰を回して、グリップエンドが体の中心にあることを確認し、そこからはさっきの要領でクラブを上げていく感じですね。

フィニッシュまでは行っていません。初めの2球は腕のみで、後の2球は始動時に少しだけ身体と腰を動かしたバージョン。1球目は右手であてに行ってちょいダフリしましたが、2球目はうまくヘッドを落とせた感じ。3球目はちょっとフリップしたかも。最後は右肩突っ込んだ?
これにフィシッシュまでつけていきたいところでしたが、最後は時間がなかったので、あまり徹底できませんでしたが、時間までの宿題ということでお別れしました。

今村プロ、今日も熱心なご指導、ありがとうございました。

 

 

 

カテゴリー: 練習 | コメントをどうぞ

■練習 寒~~

しばらく風邪ぎみだったり、超寒波だったりで練習をさぼってました。。。

今日は風もなく晴れていたので、頑張っていってきました。

この2日間ほど最高気温がマイナス10°Cとか、常識外ですよね。今日はちょっとましでお昼頃でマイナス4°Cくらいだったかな?
無風でしたが、やっぱり寒い寒い・・・

そして、ボールが硬いこと硬いこと・・・そんなに芯を外れてないのに、手ごたえが酷いことになってました。音もトップしたときのような、カツンって感じで、打っていてあまり楽しくはなかったです。
DSC_0413

こんな日は、ウッド系のほうが打感は楽しめます。シャフトもカーボンだし、振動吸収はいいですね。ただ、体が動くかどうか、です。

いつもの練習器具、トライワンSFで入念に素振り。これを振った後はやはり体が動く感じがします。

4番UT(23°)を打ち込むことにしました。
path20190210_UT

いい当たりも連続していましたが、データもだいぶそろってきました。
ただ、M-Tracerでのウッド系は最初のセットが難しいですね。データはカットしてありますが、最初の3球くらいはフェース角が大きくオープンになっていました。トップラインでスクェアにしてもダメなようで、見ずらいですがスコアラインで合わせるようにしてから実際の出球とデータがそろってきた感じです。う~ん、もうちょっとオープン目にセットしないといけないかもしれません。

ドライバーはスコアラインが見えにくいので更に難しいので、ポンと置いた状態でセットしました。
path20190210_DR

GSTでは、ボールスピード56m/s~58m/sあたり、ミート率1.40前後、200ヤード付近の表示が多かったです。球筋はほぼ安定して軽いフェード。今時期はこの球筋がいいですね。ネット名で届くことはありませんでしたが、その近くで雪が跳ねているのは見えましたので、私としてはまずまずですね。

ところで、三菱ケミカルの新しいシャフト、TENSEI Pro Orangeの日本仕様が発売されまうね。これ、興味があります。

手元調子なのに素早く撓り戻るそうで、切り返しが気持ちよさそうな気がします。
Proではなくノーマルならばお安く手に入るのですが、US物は50g台の設定がありません。

一説によると、『FUBUKIとKUROKAGEを足して2で割った感じ』だそうです。ただ、これ1万円ほどお高いんですよね・・・

春にはSpeederTRを導入しようと思っていましたが、思わぬライバルが出現した感じです。

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 2件のコメント

■EZONE CB301 試打

行ってきました。

お天気は最高!太陽が出ていて、ポカポカ(^^♪で、風はほとんどなし。
この頃にしては珍しいお天気でした。

ヒューマンも多少混雑していて、待ち時間がありました。ほぼまたなかったですがね。

打席は丁度曲がり角で、方向が取りにくい・・・嫌いな打席でした。

打ち始めは、その方向取りに苦労しましたが、スティックを置いてそれだけに集中。

確かめたいことはこんな感じ。

  1. 重グリップの影響
  2. 軽バランスの影響
  3. ライ角いじってないか
  4. 501と比べてミスヒットの許容性

まず、1です。重さより太さのほうに違和感がありました。グリップ感がかなり違います。それに伴ってフェースローテーションがしにくい感じです。今まで不得手にしていたところなので、ちょっときびしいかも。。。

2はそんなに気になりませんでした。でももう少しヘッドが効いた感じのほうがしっくりくるかもしれません。全体的に重いので、ヘッドスピードにも影響しそうです。

3は大丈夫のようです。インパクトマーカーをソールに貼ってみましたが、ややヒールに跡が残っていましたが、これは501を借りた時と同じような位置でした。これでも引っかからないのは不思議な感じです。

4はやや厳しいかもしれませんが、下あたりにはかなり強そうです。トップでもよく拾ってくれます。

path2019012302

データを見ると、この太グリップのほうが安定する感じですが、実際の弾道は若干フェード気味が多かったような感じです。

ちなみに、PWだけ普通のベルベットラバーが入っているのですが、打点は安定します。

DSC_0412

7番は打痕が残ってなかったですが、先目に当っていることが多い感じでした。

やっぱりグリップは替えたほうがいいのかな?

飛距離的にはよくわかりません。ロフトが寝ているので、飛んでないとは思いますが、球の高さはそんなに高くはないですね。秋の試打会では確かに150ヤードの標識(実距離で137ヤード)の上部直撃してましたので、それを信じることにします。

フェードっぽい球が多かったのも、今日は暖かいといっても、あのころとは7°近く低いわけですから、そのせいかもしれませんね。

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | コメントをどうぞ

■YONEX EZONE CB301

到着しました。

DGOの中古ショップからの購入でしたが、これ、むっちゃきれいです。

dsc_0410

あ~写真上手く撮れませんでした。。。細かい当り傷がほんの少々です。ソールもコースで打ったことがないみたいに傷がありません。

シャフトはmodus105(S)です。通常は125(S)なんですが、軽いシャフトが付いています。125では重いだろうな、と思っていましたが、これなら丁度よさそうです。

ところが重量を計ってみると、5番で426gありました。これなら125と変わらない感じです。で

理由はグリップです。
dsc_0416.jpg

よくよく見ると、ミッドサイズなんです。太さは気になりませんが、10gほど重いんですよ。その分重量が増えてるんですね。前オーナーの意図がなんとなく見えてきます。

想像ですが、手元を重くして手元の浮きを押さえる、但し総重量は重くしたくない、そんな感じなんでしょうかね。

バランスを計ってみるとC9くらいです。このまま使ってみますが、ヘッドが感じられないようならばグリップ交換ですね。

あと、心配なのは、カスタムシャフトを入れて、グリップを変えている前オーナーなら、ライ角とかロフトとかもいじってるかもしれません。これも打ってみてからですが、ちゃんと調整しておきたいです。

早く試打してみたいですが、週末までいけません。。。

 

カテゴリー: クラブ | コメントをどうぞ

■練習会&HONMA TW747vx試打

金曜日にヒゲナシさんがらお誘いがあり、ヒューマンに行ってきました。ヒカルさんもご一緒です。

ヒゲナシさんはゴルフパートナーさんのお試しレッスンを受けられるとか。

私はこの日本間ゴルフのレンタルでTW747vxを借りていました。現在本間ゴルフでは試打クラブレンタルキャンペーンをやっていて、送料も無料なんです。(ただし北海道は追加の送料1080円のみかかります。)来月末にはドライバーとFWもレンタルの申込をしています。

747vxは人気があるのか、modus105のS装着モデルはかなり長い間予約が詰まっていましたので、仕方なくカーボンの85g台のやつをレンタル。85gといっても新しいVizardはウエイトフローのようです。

honma-tw747vx-backhonma-tw747vx-top

737に比べるとちょっとごちゃついた感じのバックフェースになっています。

ロフトは7番で30°と、かなり立っています。

売った感想は、掴まえるのが難しかったです。ヒッカケは出にくいですが、きれいなプッシュドローも打ちにくかったです。ショートアイアンでも基本フェードになります。

打感はよかったですね。

ちょっと購入候補からは外れる感じです。

あと、ゴルフパートナーさんで、懸案中のYONEX CB501を借りて再度打ち比べました。うん、やっぱりこれいいな!下当たりのミスに強いところと打感が好きです。掴まりも程よくいい感じです。ライ角のせいか、若干オーバードローすることが多いかもしれません。欠点はバックフェースがちょっと・・・
yonex-cb501-back

余計な横線はいらないです。

それと、ロフト設定が7番で32°、下の番手で5度ピッチ、上の番手は3度ピッチで、飛距離を求めながらPWを46°に合わせたようで、なんか気持ち悪いです。

これなら、飛距離を犠牲にしてでもCB301のほうがすっきりしていていいかな。7番で34°、上も下も4度ピッチです。AWの52°との間に1本、48°~49°くらいのウェッジを入れると、うまく距離を打ち分けられそうです。PWの46°まではアイアン設計、48°はウェッジ設計になるので、ここは2度ピッチで距離は合うはずです。ここで4度開けてしまうと距離的に大きく(多分20」ヤード弱)空いてしまうでしょう。ウェッジは重心位置やスピン性能の関係で飛距離はかなり落ちてしまいます。
pc-yonex-cb1-forged-main

と、いうことで、アイアンはCB301に決めました。帰宅して早速注文。あ、中古ですよ!到着が楽しみです。

ヒカルさんの新武器、ホンマのアイアン型UTを打たせてもらいました。直打ちでの打てないことはないですが、ロフト18°は私ごときでは歯が立ちません。いい当たりでもスライスしてしまいます。MCI120Xのシャフトはいい感じでした。
ヒカルさんは軽々と打ちこなしていらっしゃいました。さすがです。

ヒゲナシさんは熱心にレッスンを受けておられました。『アドレスでもっと右に傾け!』というのが大筋のようでした。確かにヒゲナシさんのアドレスはまっすぐすぎる気がしていました。

それから、ゴルパさんでM6ドライバーを借りました。これ、いいかもしれません。M4よりも掴まります。9°なんですが、球は上がります。ほんのちょっとだけロフトアップすると、俄然打ちやすくなりました。初速は出ますね。打感もいいですね。M3よりM1のほうが飛距離が出ていましたが、今回のM5、M6は前作。前々作をしのぐ出来のように思いました。次回はM5をもう一度試してみたくなりました。

練習の後は、ティータイムです。先日行った中島公園のそばにある『倉式珈琲店』へ。わりと安価でおいしいコーヒーがいい感じです。

ヒゲナシさん、今日も送迎までしていただいてありがとうございました。ヒカルさん、お疲れ様でした。TENSEI Pro Orange、いいそうですよ!

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 2件のコメント

■アイアン、301 or 501?

迷っています。。。

初期の候補はMizunoPro719、Srixon Z585だったのですが、ヒューマンでパートナーさんの試打会をやっていたときに打たせてもらったYONEXのEZONE CB301とCB501がそれらを上回る手ごたえでした。

CB301

CB501

 

どちらもS25C軟鉄鍛造のポケットキャビティでポケット部分にカーボンを挿入してあるタイプです。501のほうがポケットの幅が大きい感じです。多分深さも深いのではないかと思います。

301のロフトは7番で34°、501は32°です。301のほうが小ぶりでシャープな印象。

試打の印象はこちら。

YONEXのアイアンは純国産で、この前のモデルであるN1-CBのN1は『新潟製造1番型』だそうです。そのためかどうかはわかりませんが価格が結構お高いんです。。。上代で1本23000円。MizunoProより高くなります。
なもんで、中古狙いで考えています。

易しさなら501ですが、301の操作性も忘れられません。ドロー・フェードを意図して打てそうな気がしています。私は短重心距離のクラブがあうのかな?

いろいろ調べていると、中古でもmodusの各種シャフトが刺さったやつが出ていますね。

125(S)はやはり重いのでしょうね。
105(S)もこの頃あまり硬く感じなくなっています。
120ならXがよさそうです。
DG120(S200)やDG105(S200)のものもあります。

DG105を除いて、いずれも私にはオーバースペックと思われますが、何故か硬いほうが結果はいいようです。以前MizunoのスイングDNAで調べてもらったら、前そり角(いわゆる逆しなり?)がかなり多いようで、すべて重め・硬めのシャフトが候補になっていました。

この頃ちょっと臨時収入があったので、そろそろ決めたいと思いますが、もうちょっと悩みそうです。

カテゴリー: クラブ | コメントをどうぞ