■’17Round #12 岩見沢雉ヶ森CCで雉打ち3発

昨日はmaoぷ~とちびパパさんとで、岩見沢雉ヶ森CCへ行ってきました。
事前情報によると、狭くてアップダウンがきつくグリーンも小さいという、かなり大変そうな感じでした。

雉ヶ森CCには練習場がないということだったので早めに出発して岩見沢の東山ゴルフセンターというところでひと汗かきました。
なんとなくのんびりとした練習場です。

DSC_0320

私はドライバーの調整です。ショットマーカーを貼って5球ほど打ちました。トゥの上側に当っているのは最後に打ったやつでこれは完全なミスショットでした。

DSC_0321
それで、調整はこんな感じにしました。

M1_Weight

シャフトは0.5インチほどカットして全長は46.1インチくらいのはずです。ウェイトの重さは元のままで、バランスはD6.5あたり。ちょっと重いのですが、なんとかいけそうなので軽いのに変えずにそのままにしておきました。

ゴルフ場に到着して、昼食をとった後、ちびパパさんと合流してスタートです。

DSC_0322

DSC_0323

1番から強烈な打ち下ろしです。ドライバーはいい感じです。といっても、ちびパパさんには届かないのですが、そこそこいい勝負はできています。

DSC_0324.JPG

ところがアイアンは引き続き深く入ってなかなかパーオンできませんでした。
大きなトラブルがなくてもトリプルボギーを打ってしまいます。

一般に+3のスコアは『トリ』と略しますが、ここでは『トリ』→『バード』→『雉』ってことで『キジ』ということにしました。キジ3発で撃沈です・・・本年のワースト!かな?
DSC_0325

砲台グリーンが多いためかほんの少しショートが多かったです。

20170814Score

maoぷ~は目標120切だったのですが、あえなく撃沈・・・130打っていましたが、ここはレディースティーがレギュラーのほんの近くのところが多く、400ヤードのパー4とか500ヤードのパー5などもあり、まずまず健闘したほうだと思います。(58ヤードのショートもありますが。。。)特にドライバーの飛距離が伸びているようで、170ヤードとか160ヤードを記録したホールもありました。

ちびパパさんは、狭いホールと打ち下ろしに翻弄されてかなりヘコんでいたようです。

リベンジしたい気持ちもありますが、アイアンの調子を取り戻さないと返り討ちに合うことになりそうなので、ちょっと練習に打ち込んでみます。

なんで急におかしくなるかなぁ、アイアン。。。

カテゴリー: クラブ, ラウンド | 7件のコメント

■’17Round #11 石狩平原CC

ユベオツさんとの2サムです。主ことヒカルさんもご一緒のはずでしたが、ちょっとアクシデントが・・・

DSC_0314

今日はとっても混んでいました。祝日なのにお盆期間は平日料金だそうです。それは混みますよね。

ってことで、待ち待ちゴルフ。。。しかも2サムだと打つ順番がすぐに回ってきます。ちょっとリズムが変でしたね。

苦手な南~西へと回りました。

20170811Score

スコアはちょっといけませんねぇ・・・南の4番はなんとかボギーでクリアしましたが、やっぱり9番でやっちゃいました。1打目チーピン気味、2打目はアイアンでフェアウェーセンターへ。ところが、神隠しにあったように球が見つかりません・・・絶対に真ん中のはず!ひょっとしてスプリンクラーとかそんな感じか?と思ってちょっと戻ると排水マンホールの隅に引っかかっていました。で、そこから5番ウッド。これが引っかかって左OB・・・

5番でピンまで35ヤードくらいをチップインしてバーディーをとったのはいいのですが、すぐさま次のホールで引っ掛けて池・・・これも残ったと思ったのですが、池の淵の草が長くて見つけられませんでした。

西に回っても今一ピリッとしません。最終ホールで待ちチョロではなく待ちチーピンで久々のドライバーでのOB…

今日はテーラーメイドのレンタルでM1ドライバー、M1FW(5番)、M2レスキュー(22°)をレンタルしていました。

DSC_0313

昨日届いたので、夜ヒューマンに行ってきました。レスキューはスチールシャフトのこともあり、重く感じられます。ちょっと振りにくいかなぁ・・・
5Wはヘッドは難しいく見えますがそうでもないですね。シャフトが掴まりすぎる感じで練習でもフック系の球がよく出ていました。
そして、ドライバー。M1って結構掴まりのいいヘッドなんですね。M2よりも掴まります。レンタルしたのは10.5°でシャフトはATTAS Punchi6Sです。このシャフト、タイミングは取りやすいのですが、何かしっくりきません。これなら同じ元調子のDiamanaWのほうが打ちやすいです。もちろん本命はAUGA 5Xなのですが、これはかなりの長尺(多分46.5インチくらい)なので、ヘッドが重すぎます。事前に購入していた替えのウェートにして6gほど軽量化してありますが、それでもD6.5くらいになっています。ウエイトの調整をいじりながら試していました。

QPさんが言っていたのですが、単純に高い球を打ちたいからウエイトを後ろに下げるとか、ドローを打ちたいからヒール寄りに寄せる、という調整ではなく打痕を見てその打点の真後ろにウエィトを持ってくる方法もあるそうです。
DSC_0312
M1_3
練習場ではこの調整でいい感じだったのですが、コースで打つと結構掴まります。

まだまだ調整中ですが、シャフトをちょっと切ったほうがいいもしれません。

今日は納得のいく当たりは、無風で平地246ヤードとか、軽いフォロー打ち降ろし(西1番)290ヤード、上り230ヤードの3つほどありました。

それとアイアンが深く入ってダフったり、フェースが返って引っかかったりしていました。昨日の打ち込みが響いたようで、背中やら首回りが張って痛い感じでしたから、そのせいだと思います。

 

それから、家に帰ったら先日ぽちった自分のM1が到着していました。計測するとレンタルしたM1より1gほど軽いようです。ウエイトの誤差のようですが、この辺りはちょっとアバウトなんですね。

 

ということで、次回は娘とちびパパさんと3サムで岩見沢雉が森CCです。

ユベオツさん、今日はイオ色ありましたが、楽しくゴルフできました。ありがとうございました。またよろしくお願いします。

カテゴリー: クラブ, ラウンド, 練習 | 8件のコメント

■ぽ、ぽちってしまいました。。。

中古より新品のほうが安い!?

中古を探していたらほぼ45000円前後。ヤフオクでヘッドだけを見ても35000円くらいしているようです。ところがAmazonで見つけてしまったのです。

Amazonポイントがあったし、忘れていましたがかなり前にギフト券チャージタイプに結構な金額が残っていました。

アイアン、inpresにAMT入れただけで済ませたので、ま、いいか!ってことで。。。

写真は9.5°ですが、注文したのは10.5°です。シャフトは日本向け純正。

 

カテゴリー: クラブ | 6件のコメント

■ユベオツさんと練習

行ってきました。場所はヒューマンです。

目的は、ドライバーの調整と腕のローテーションの練習です。ユベオツさんは私のAMTのシャフトを試してみたいのだそうです。

この頃自分で左肘の抜けが気になりなおそうとしていました。で。気が付いたのは腕のローテーションです。いわゆる『ヘッドの返し』なんですが、いままでもそれなりには返っていると思っていたのですが、多分アンコックと同時にヒンジングというか、フリックというか、左の手先を手のひら側から手の甲側へ折っていく動きがあるようで、インパクトで詰まったりヘッドが上を向いたり、安定していなかったようっです。そして、それが左肘の故障につながったのかもしれません。左手を甲側に折るとどうしても左肘を抜かなくては耐えられません。それが自然な動きなのでしょう。

つい最近の動画です。画質が悪くてすみません。

結果は悪いショットではないのですが、フォローで左肘が抜けいています。

ローテーションってどうすればいいのかを考えていました。自分なりの結論ですが、『左手の甲を下に向けていく』ってことになり、それなりに練習していました。結果的にフォローで両前腕がくっつく意識でも上手くいくことがありました。それで分かったことはローテーションさせてフォローでクラブヘッドが下を向くくらいになっても引っかからないということです。むしろフェードが出ることもあります。
昨日武藤プロに聞いてみました。
『ヘッドを返すと引っかかると思ったのですが、むしろひっかからないですね。返し方が悪いのでしょうか?』
『いえ、それが正解です。引っかかるのは右の手首が伸びてフェースに球が乗った時です。正しいローテーションは右手首の角度が変わらずにフォローまで行く感じですよ。』

といって、グリップを押さえてくれて動きを教えてくれました。

そっか~~、右手首を伸ばさずに右手のひらを下の向けていく(または左手の甲を下の向けていく)といいのか!
ってことで、スピードを落としてしばらく打っていました。

こんな感じで、フォローでの左肘の抜けがなくなってきています。右手首の角度もいいようです。

1501990778323

同じショットではありませんが、ローテーションはこんな感じです。
1501990378120

これを外で打ってみたかったのです。

結果は、良好ですね。引っかけフックがなくなり目標に向かって飛んでいきます。ほんの少しフェードすることもありますが、コースボールなら問題なくストレートでしょう。

さて、ドライバー。ソールのフロント側に3gほど鉛を貼ってみましたが、あまりかわりはないですね。M1のようにウエイトが動くタイプのほうが違いが分かりやすいです。

やっぱりM1が欲しい!


ところで、ユベオツさんのスイング、さらに進化していました!

AMTのシャフトは気に入ったようで、『6番ってこんなに易しかったですか?』という反応。まさに私と同じ感想でした。5番も4番も打ってもらいましたが、4番でもなんとか使いこなせそうなショットを打っておられました。

軽く右に出て、ドローしてくる素晴らしい球筋で、DGよりもAMTのほうが簡単に高弾道な球が打てるようです。フレックスもAMTのほうが柔らかいので、ユベオツさんならX100でしょうね。

最後にちょっとドローがきつそうなので、右手グリップをもう少し浅く上から握って試してもらいましたが、ストレートからスロードローの球筋になっていました。
本番ではそんなにフックしないとのことなので、あまり気にすることはないと思いますが、もし悩みだしたら思い出してください。

今週末からお盆ラウンドで、11日はユベオツさん、ヒカルさんご夫妻と石狩平原、14日は娘maoぷ~とちびパパさんと雉が森の予定です。雉が森はまだ1名空きがありますので、どなたかお時間取れる方がいらっしゃったらご一緒しましょう。

 

カテゴリー: 練習 | 4件のコメント

■ドライバー試打しました。

お盆までラウンド予定がないこともあり、今日はじっくりと打ち込みたくてヒューマンに行ってきました。

併設のゴルフパートナーでSLDRを借りようと思っていたらM1のヘッドだけが置いてあったので、ついでにこれも借りて打ち比べです。

若干のアゲンスト。2mくらいでしょうか。

身体を温めてからまずはGloireF。何の問題もなくいい球がでます。飛距離はちょうど奥のネットに届くくらい。この風ならいつもの飛距離です。

次にSLDRの10.5°。前回もちょっと借りてみたのですが、なかなかいい感じでした。
SLDRシャフトを私の持っているAUGA5Xにしました。ノーマルではちょっと球がすべる感じなので、0.5°フックにしました。このポジションが結構ハマってロースピンのいい球が出ました。ネットまでほとんど届きます。キャリーはGloireとさほど変わりませんが、弾道が違います。

ただ、シャフトが長いので、たまに振り遅れてプッシュしますが、大きなスライスにはなりません。う~ん、いい感じ。そこへゴルフパートナーの人がレンチを持ってきてくれました。私が持ってきていないと思ったのでしょう。ちょっと弾道をみながらおしゃべりしました。

『SLDRはヘッドは古いですが十分飛ぶ部類ですよ。ただ浅重心なので難しいところはありますが、今のような球ならむしろ合っているのかもしれませんね。』
『いいと思うけど、ちょっと高いなぁ・・・』この商品はTourADのMT6Sが入っています。『ヘッドだけでいいんだけど。』
『ヘッドだけはないんですよね。ちょっとほかの店の在庫調べてきます。』
ってことで、店舗へ戻っていきました。

その間に2017M1に換えました。
M1_1

M1_2

以前M2を打たせてもらいましたが、掴まりが悪いし音がうるさい、そんな印象でした。
シャフトはもちろんAUGA5X。このヘッドは199gくらいあってGloireFより10gも重い!

バランスはすごいことになっているのだろうな、と思いながら何球か打ってみました。
SLDRに比べてスピンが入るようです。打感はいいですね。特別いいというほどではないですが、まあ普通。M2のような酷い音ではないです。
ちょっと掴まるようにロフトを0.5°アップ、フロントのウエイトを少しDRAW、前後のウエイトをHIGHに振ってみました。

この設定では掴まえに行くとドローがきつすぎて、バックスピンも多くなってしまいます。それでもネットまでは行っているので、うまく調整がハマればかなり期待できそうです。

今度は調整を逆側に振ってみました。ロフトは同じく0.5°プラス、ノーマルとFADEの中間、前後はLOW目いっぱい。FADE側に振るとかなりクラブが重く感じます。

これだと、プッシュが多くなってしまいますが、バックスピンは減ってロースピンの球が飛んでいきます。飛距離もかなり出て、ネットが2重になっているところの上まで届きます。

ちょっと調整をいじっているところにパートナーの店員さんが来て『7000円位でありますよ、SLDR。』ということでした。この時は安いSLDRに惹かれていたので、『帰りに寄ります。』と答えて続きを打ち始めました。

設定はこんな感じ。

M1_3左右は見えにくいですが1目盛りFADEによせてあります。

これがすごくいい感じなのです。たまにプッシュするのは長すぎ・重すぎのせいだと思いますが、ほぼストレートから軽いドロー。思い切って掴まえに行ってもチーピンにはなりません。飛距離はやはり2重ネットの上までいきます。それもほとんどの球で届いてしまいます。
Gloire並みの正確性と1ランク上の飛距離がとっても魅力的です。

すっかりM1に惚れ込んでしまいました。

でも、この調整ってSLDRと同じ感じ?細かい部分で進化しているおでしょうね。
お高いのがネックなので、帰りにパートナーの店舗に寄った時に『M1もいいのでSLDRに無駄遣いするより、ちょっと我慢してM1にするかな。今回はすみません、考えてみます。』ってことで親切に感謝しながら帰ってきました。

Gloireとの違いを考えていたのですが、一番の違いはヘッド重量でしょうか。それと、もうちょっと掴まらない設定にしてスイングで掴まえるようにするとどうなのかな?と思い、ちょっと鉛を貼ってみることにしました。

結果はまた別の機会に報告します。

あ~~M1いいなぁ!16年モデルよりはるかに易しくなっています。調整機能もあるし、たぶんM2のほうが難しいでしょうね。

カテゴリー: クラブ, 練習 | 6件のコメント

■’17Round #10 石狩平原CC

今日も石狩平原CCです。メンバーはヒカさんトシさん。そして、本当にお久しぶりのきょうすけさんです。

夜来の雨はなんとかあがって、スタート時は曇り、やや肌寒い感じでした。

雨を警戒してか、キャンセルが何組か出て、進行はスムーズ。午前中にラウンド終了できました。

本日のコースは南~西。苦手な南スタートで、久しぶりの西コースへと回りました。南のロング2つは鬼門と言っていいくらい大たたきしてしまいます。
先日武藤プロに『どうしても苦手なホールってどうやって回ればいいんですか?』と聞いてみました。『そうですね、そういうホールってありますよね。自分は、あえてセオリーの反対を行ってみるとか、ティーショットが立ちにくいなら反対側に立ってみるとか、使うクラブを変えるとかで気分転換します。そうすると見える景色が変わってくるので、何とかなるかもしれません。』というアドバイスをもらっていました。

出だしはティーショットがちょっと引っかかって危うく1ペナのライン付近まで行っていましたが、距離が出ていたので、パーオンできてパースタートです。
3番でちょっと右に吹かし気味のドライバーショット。これがFWバンカーに入ったのですが、なんと豪快な水しぶきが・・・行ってみると水たまりがかなり大きく濁っていてボールがみえません。。。トシさんの手伝っていただいてバンカー均しのレーキで探りましたが、全く引っかかってくれません。真ん中あたりならどの方向からでもレーキが届かないという、不測の事態が。。。仕方なくあきらめて別の球をドロップして打ちました。この時に限ってZ StarXVを使っていて、ちょっとへこんだ珍プレーでした。

結果はこうなりました。このスコアカードのヤーデージは前のままのようです。特に西はだいぶ違っているようです。
20170722Score

パーオン7ホール(38.9%)
パーセーブ1ホール(9%)www
FWキープ10ホール(71.4%)

南の4番はFWキープしてなんとかボギーに収められました。しかし9番はやっぱりやってしまいました。。。ここ、なんでもないようなロングなんですが、前回同様右の傾斜方向へ飛んでいき、今日は芝が濡れていたので傾斜に止まったままでした。それにしてもパットが酷い!
トリプル2つが響いて46。

折り返して長い登りをトコトコと登っていきます。西コースは最初のロング・ロングしか記憶にありません。
1500714096578
こちらはドライバーが好調になってきました。7番でこのハーフFWキープ率100%に気が付いたところで、右に外してしまいました。バンカーの先だったので、正確な位置はわからないまま、行ってみると、な、なんと、ほんの10cmほど外れていただけです。くやしかったです。。。
1500714103523
こちらはダボ1つに抑えて43。最後のボギーパットは1m近くあったのですが、『これを入れないと90打ってしまう!』と言い聞かせ慎重にパットしました。

アイアンの引っかかりが多く出ました。もっと打ち込まないといけないようです。

ヒカルさんはやはり南は苦手なようですが、西に回って2バーディーの38と、素晴らしいゴルフでした。

トシさんはショットの安定感が今一のようでしたが、アプローチが上手くなっていました。ほとんど1パット圏内に置いてきます。新アイアンも今一歩慣れていない感じでした。

きょうすけさんは、昨年の9月以来のゴルフだそうで、2桁安打とかもあってウコア的には不満でしょうが、『ゴルフって楽しいですね』とおっしゃっていました。

ご予約いただいたヒカルさん、同伴のトシさん、きょうすけさん、今日もとっても楽しいゴルフをさせていただきありがとうございました。

 

 

 

 

カテゴリー: ラウンド | 16件のコメント

■’17Round #9 石狩平原CC 熱っ!

2、3日前、ちびパパさんがご友人とのラウンドがキャンセルになったため、急遽『ゴルフしたい!』宣言がありました。
私も実は3連休の初日はラウンドしたかったので、ヒカルさんにお願いしていたのですが、レンタカーが満車で諦めていました。
そこへ、上のメッセージ。『私は体あいてますよ~』メッセージを送ったところ、ヒカルさんからお誘いがあり、無事『ゴルフしたい2人』がラウンドできるようになりました。
メンバーはヒカルさん、ちびパパさんにトモさん、そして私です。

心配は、お天気。このところの猛暑で、脱水症や日射病が心配でした。

今日はお天気は良かったですが、若干風があり午前スタートだったので、ハーフくらいは快適にプレーできました。折り返してからは、日差しが強くなり、風も治まってきたので、ジリジリと太陽に身を焼かれながらのプレーになりました。

それと、今日はDG AMTの初ラウンド。どんな結果になるか楽しみでした。

コースは中~南と、NGBコンペと同じコース。ピン位置はCでグリーンは8フィートとやや遅めでした。

20170715Score

前半の中コースは割と好きなコース。出だしでFWからの2打目7Iでプッシュアウトが出てしましました。2番のではうまく寄せてパーが取れましたが、3番でまたまた連続のプッシュアウト・・・ちょっとショックです。
『手首が硬いとプッシュするかも。。。』『ボールから離れていないか?』をちゅういすることに。
4番ショートでは右バンカーの上から軽いドローを打つとかなり風に持っていかれてピン左10m位に乗りました。しかし3パットorz…
5番で3打目またまたプッシュ。でもここではっきりわかりました。またアドレスが遠くなっています。
以降調子が戻り3連続パー。最終のショートはちょっとダフって左の柵越えOB。締めが残念でしたが、まずまずのラウンド。アイアンはいい感じになってきました。引っ掛けが抑えられて、まずまずの距離。ただ、スピンが多めに出るようなので、それが心配でしたが、この風の中でも吹き上がることはありませんでした。これはHONMA D1ボールのおかげかもしれません。

後半は苦手な南コース。ところが出だしでミラクルなショットが。残り85ヤードからPWのスリークォーターショット。綺麗にダウンブローに入って、ターフが取れ、ベタピン30cm弱についてOKバーディー!トモさんが中8番でバーディーを取っていたので、是非続きたいところでした。

今日はドライバーも好調。使用が13ホールで10ホールのFWキープ。右に吹かしたのが2つ、風で左に持っていかれたのが1つ。最終は変な当りでしたがのり面から転がってFWでした。

それからパーオンも6ホール。アイアンのシャフトAMTが打ちやすかったのが収穫です。

それにしても。南のロング2つは、本当に鬼門です。。。いつもここで叩いてしまします。こんなに顕著に表れるものでしょうかね?こんなホールこそトシさんのように『パーオンさせないぞ!』作戦で行くべきなのかもしれません。

ちびパパさんはNGBコンペ以来のラウンドだそうで、なかなか調子が出なかったようです。

ヒカルさんは、いつものごとく豪打炸裂!しかし、南ではご自身のブログのマネージメントどおり、ほとんどドライバーを使わず、新兵器のロングアイアンでのティーショット。でも私のドライバーと同じくらい飛ぶんですけどね。。。

トモさんは、シャンクが怖くて全UTのセッティング。グリーンが硬かったので、UTではなかなか止めにくいのと、若干パットの感覚がつかめないようでしたが、それでも90切はお見事です。

てなわけで、『2人のゴルフやりたい!』ラウンドは終了しました。

ちびパパさん、ナイスなお誘いありがとうございました。そして、送迎までお願いして、大変お世話になりました。ヒカルさん、トモさん、リーズナブルなプレー代で大変助かりました。ありがとうございます。
ヒカルさんとは来週もお会いできる予定です。またまたよろしくお願いします。

カテゴリー: ラウンド | 4件のコメント

■DG AMT試打しました。

早速Aquaで打ってきました。

結果から言うと、これ、大当たりの予感です。

コーチもビックリの安定感です。引っかかりも少なく距離がばらつかない感じです。

まずはPWから。重さを感じながら身体ならし。タイミングはいい感じです。

8番に持ち替えました。データはこれです。
0708_i8
ミスショットを除くとキャリー125~128ヤードくらい。この打席は『飛ばない打席』なので、こんなもんでしょう。球が替わって実際の距離は5ヤードほどプラスだと思います。

続いて6番。これ、楽です!丁度コーチの津川君が見に来てくれました。
『あれ?またクラブ替えました?』さすがよく気が付きますね。リシャフトしたことを話すと、
『初めて見ました。これ、合うんじゃないですか?いい音連発していますし、引っかかりがいつもより少なくないですか?ほとんど真っすぐですね。』
『打ってみます?』と勧めて試打してもらいました。重量フローなので8番アイアンと6番アイアンを数球打ってもらいました。
『これ、僕、好きです!ロングアイアンがいいですね。僕はフッカーなので、こういうバランスが打ちやすいです。』って、6番で195ヤードとか打ってました。。。すごい、さすが今年プロテスト受けるだけのことはあります。

私も6番を打ってみると、若干掴まりが悪いのですが、結構掴まえに行ってもいいようですね。ヘッドを返すようにすると、ストレートになってきました。こんなに簡単に6番を打ったことはなかったと思います。次回は5番も打ってみます。

そして、7番に戻しました。

これが昨日のDGS200の結果です。(7番だけS200がはいっていました。。。)
1499591434773
これもなかなかいいデータののですが、赤四角囲みのところを見ると、程度はひどくはないですがほとんど引っ掛けフックです。
そして、これがAMTにした今日の7番。
0709_I7
右に打ち出せるようになっています。右に出て軽くドロー。今までずっと思い浮かべていた球筋がかなりの確率で出ています。

これは嬉しかったですね。操作しやすいんです。シャフトの動きを感じやすくて、若干アンダーから入れてきて、インパクト後にフェースを返すような操作に、シャフトがちゃんとついてきてくれる感じです。こんなシャフトは今までなかったですね。強いて言うならC-Taperかな。スティープにヘッドが入ってくる感じがします。

練習が楽しくなりそうです。

 

今シーズンはこれで行けそうな気がします。バックスピンが多い感じもしますが、これはボールとロフトで何とかなりそうなレベルだと思います。

秋にはYAMAHAの新しいシリーズが発売になるし(多分)、HONMAのTW737 Vsも気に入っているし、地クラブでちょっと気になるアイアンもあるので、AMTに慣れながら考えることにします。

それと、TourIssueも気になりますね。今までの経験からTrueTemperはノーマルでは誤差が大きいので、個体差が少ないTourIssueのほうがいいなぁ、と思っていますが、何分このシャフトはノーマルでも4000円くらいしますので、かなりお高くなるのがネックです。
日本シャフトで同じようなの出してくれないかなぁ・・・

AMTはひょっとしたら個人差によって評価が分かれるのかもしれません。合う人、合わない人がはっきり分かれるようにも思います。ロングアイアンの軽さと弾き感、ショートアイアン重量と粘り感の評価が分かれそうです。
私は1球ごとにクラブを変えても問題なく打てましたし違和感もありませんでした。

カテゴリー: クラブ, 練習 | コメントをどうぞ

■DynamicGold AMT

dg-amt_product

一番最初に買ったアイアンセットYAMAHA inpressX V forgedをこの頃引っ張り出してきて打っています。

元々DGのR300が入っていたのですが、ご存知の方もいらっしゃる通り、いろんなシャフトを入れ替えて楽しんでいました。

セットで入れ替えたものは、DGSL、modus120、NS Pro 850くらいかな?7番だけならKBS C-Taper(R)、ProjectX pxi、modus1050、NS Pro SuperPeening RED、modus125などなど・・・

そのうち自分に合いそうなシャフトでアイアンを買い替えてきました。MIZUNO MP54とYAMAHA  inpres D forgedにはC-Tapet、YAMAHA RMX116 tourmodelにはmudus125を選択しました。

RMX116は大変お気に入りだったのですが、昨年肘を痛めて重いクラブが振れなくなってしまいました。しかたなく手放して、つなぎとしてカーボンシャフトのSrixon725からHONMA TW737Vsへと移行しました。
確かに振っていて負担が少なく飛距離も出すのですが、本コースでのトップ球が多発するようになりました。理由をいろいろ考えてみたところクラブ重量に行き当たりました。

そこで、処分せずにとっておいたV forgedをひっぱりだしたわけです。丁度元に戻してDGR300だったので、これを練習場で振ってみたところ、若干の飛距離減はあるものの、トップが減った感じがしました。しかし、やっぱり重い・・・特に6番以降がきつく、そこで思いついたのがTitleistのアイアンに採用されているDynamicGoldのAMTというシャフトです。
このシャフトは、従来の全番手同じ重さになるコンスタントウェイトではなく、番手ごとに3gずつ変化させるというもので、Wedge用はDGと同じ重さになっているそうです。
DG
スペック的には重量共々振動数もフローしているようで、カタログには載っていませんが、キックポイントもフローしている、という話も聞きます。

先日HONMA TW737をレンタルしてラウンドしてみたところ、後半戦でまずまずのショットが出ていましたので、心配ないかもしれません。

それで、中古のAMTを入手してV forgedに組み込みました。

元々違うヘッドに組まれていたものなので(多分)、長さやバランスはうまく揃わず、何度も入替えているので、ネックにたまった接着剤の残りやホーゼル内径がゆるくなっていたりするので、ピッタリスペック通りにはなりませんでしたが、まずまずかな。

こんな感じですね。カッコ内はこの頃ユベオツさんが入手されたV foregedの重量です。
5番  415.3g D1.4 (428g)←13g軽い
6番  425.1g D1.9 (437g)
7 番 433.6g D2.4 (443g)
8番  443.6g D2.4 (451g)
9番  457.1g D2.7 (458g)
PW  466.8g D3.4 (467g)←同じ重量

明日、早速Aquaで打ってきます。

カテゴリー: クラブ | 2件のコメント

■ボール(HONMA D1)

インプレ書くの忘れていました。

今回ディスタンス系のボールとしてHONMA D1を試したわけですが、値段の割にいいボールだと感じました。

Srixson Z Star XVとの比較です。

まず、ドライバーの飛距離ですが、同じくらい飛びます。とりわけ高弾道というわけではありませんが、確かに風に強い感じはしました。XVは風に乗ってイメージ通り流れていくのですが、このボールは思ったよりもまっすぐ行きます。曲がりも少ないようです。1発強いアゲンストでこすってしまいスライスを打ったのですが、OBゾーンまでは十分に距離がありました。打った感じでは助かっていてもギリギリかな?という当りでした。

打感は思っていたより柔らかく、全然問題ないレベルです。

アイアンショットではかなり飛ぶと思います。DGぼシャフトでXVを打つと、ナイスショットが出ると『カシッ!シュルシュルシュル~~』とスピンがかかって飛んでいきますが、D1ではそこまでスピンはかかりません。高弾道のように感じました。飛距離は出ると思いますが、クラブの入り方によってバラつくかもしれませんね。この辺りは何球も打っていないので、もうちょっと検証が必要です。
打感は悪くないですね。

問題のアプローチですが、高く上がります。スピン性能は全く止まらないということはありませんが、XVに比べると・・・です。ランニングアプローチでは、突っ込み切れない私にとってはむしろ扱いやすいかもしれません。

パッティングでは、芯に当たると硬い感じがします。転がりは、、、よくわかりませんが、若干伸びる気はしますね。(気のせいかも・・・)

 

総合的に、この値段ですから、なくなるまでは使ってみようかな、と、思っています。

安いし(XV4個分で12個買えるwww)パフォーマンスもいいし、カラーきれいだし。でも、やっぱりXVが今のところ一番ですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ