■今村プロのレッスン

今日は代休なので、午後から今村プロにレッスンをお願いしていました。

昨年も見ていただいて調子よくなったので、今年もお願いしていました。

ウォーミングアップをしている間も、他の人のレッスンをしながらチラ見してくれていたようで、インパクトが安定しないところを指摘されました。
そうなんです、この頃芯に来ないことが多く、困っていました。

レッスンの内容は、まず、体を一切使わず、腕の曲げ伸ばしだけでボールを掴まえる練習から。直立して正面にクラブを構え、肩や腰を回さず腕だけでクラブを右に。その時右腕が曲がります。左腕も多少曲がってもいいそうです。
正面に戻し、クラブフェースの向きがスクェアかどうかを確認し、フォロー側で右手が上、左肘が折れ曲がる、そんな感じのシャドースイングです。

それに慣れたら、広めのスタンスで実際にボールを打ちます。この時引っかかってもいいそうです。トップまで(といっても腰あたり?)いったら右手中心に開いたフェースを元に戻す、その勢いでフォロー(といっても左腰あたり)までヘッドの重みを感じるように一気に振る、そんな感じです。

約1時間くらい同じことを繰り返していました。その間、いろいろ試行錯誤しました。

右手が左手を追い越すとき、フリップしない

フォローで前傾を変えない

そんなことを注意していましたが、ついついフリップして大きく引っかかったり、早めに体が起き上がってトップやシャンク気味の球が出たりしました。

やっと慣れた感じで、打球音がちょっと変わってきたころ、打った後にフィニッシュまでもっていくことを教えてもらいました。打った後に腰を回し肩も回して、右足踵を上げて正面を向く感じですね。

ここでも立ち上がりが早いことを何度か指摘されました。

最後は、バックスイングですが、クラブが8時の位置まで腰を回して、グリップエンドが体の中心にあることを確認し、そこからはさっきの要領でクラブを上げていく感じですね。

フィニッシュまでは行っていません。初めの2球は腕のみで、後の2球は始動時に少しだけ身体と腰を動かしたバージョン。1球目は右手であてに行ってちょいダフリしましたが、2球目はうまくヘッドを落とせた感じ。3球目はちょっとフリップしたかも。最後は右肩突っ込んだ?
これにフィシッシュまでつけていきたいところでしたが、最後は時間がなかったので、あまり徹底できませんでしたが、時間までの宿題ということでお別れしました。

今村プロ、今日も熱心なご指導、ありがとうございました。

 

 

 

広告
カテゴリー: 練習 | コメントをどうぞ

■練習 寒~~

しばらく風邪ぎみだったり、超寒波だったりで練習をさぼってました。。。

今日は風もなく晴れていたので、頑張っていってきました。

この2日間ほど最高気温がマイナス10°Cとか、常識外ですよね。今日はちょっとましでお昼頃でマイナス4°Cくらいだったかな?
無風でしたが、やっぱり寒い寒い・・・

そして、ボールが硬いこと硬いこと・・・そんなに芯を外れてないのに、手ごたえが酷いことになってました。音もトップしたときのような、カツンって感じで、打っていてあまり楽しくはなかったです。
DSC_0413

こんな日は、ウッド系のほうが打感は楽しめます。シャフトもカーボンだし、振動吸収はいいですね。ただ、体が動くかどうか、です。

いつもの練習器具、トライワンSFで入念に素振り。これを振った後はやはり体が動く感じがします。

4番UT(23°)を打ち込むことにしました。
path20190210_UT

いい当たりも連続していましたが、データもだいぶそろってきました。
ただ、M-Tracerでのウッド系は最初のセットが難しいですね。データはカットしてありますが、最初の3球くらいはフェース角が大きくオープンになっていました。トップラインでスクェアにしてもダメなようで、見ずらいですがスコアラインで合わせるようにしてから実際の出球とデータがそろってきた感じです。う~ん、もうちょっとオープン目にセットしないといけないかもしれません。

ドライバーはスコアラインが見えにくいので更に難しいので、ポンと置いた状態でセットしました。
path20190210_DR

GSTでは、ボールスピード56m/s~58m/sあたり、ミート率1.40前後、200ヤード付近の表示が多かったです。球筋はほぼ安定して軽いフェード。今時期はこの球筋がいいですね。ネット名で届くことはありませんでしたが、その近くで雪が跳ねているのは見えましたので、私としてはまずまずですね。

ところで、三菱ケミカルの新しいシャフト、TENSEI Pro Orangeの日本仕様が発売されまうね。これ、興味があります。

手元調子なのに素早く撓り戻るそうで、切り返しが気持ちよさそうな気がします。
Proではなくノーマルならばお安く手に入るのですが、US物は50g台の設定がありません。

一説によると、『FUBUKIとKUROKAGEを足して2で割った感じ』だそうです。ただ、これ1万円ほどお高いんですよね・・・

春にはSpeederTRを導入しようと思っていましたが、思わぬライバルが出現した感じです。

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 2件のコメント

■EZONE CB301 試打

行ってきました。

お天気は最高!太陽が出ていて、ポカポカ(^^♪で、風はほとんどなし。
この頃にしては珍しいお天気でした。

ヒューマンも多少混雑していて、待ち時間がありました。ほぼまたなかったですがね。

打席は丁度曲がり角で、方向が取りにくい・・・嫌いな打席でした。

打ち始めは、その方向取りに苦労しましたが、スティックを置いてそれだけに集中。

確かめたいことはこんな感じ。

  1. 重グリップの影響
  2. 軽バランスの影響
  3. ライ角いじってないか
  4. 501と比べてミスヒットの許容性

まず、1です。重さより太さのほうに違和感がありました。グリップ感がかなり違います。それに伴ってフェースローテーションがしにくい感じです。今まで不得手にしていたところなので、ちょっときびしいかも。。。

2はそんなに気になりませんでした。でももう少しヘッドが効いた感じのほうがしっくりくるかもしれません。全体的に重いので、ヘッドスピードにも影響しそうです。

3は大丈夫のようです。インパクトマーカーをソールに貼ってみましたが、ややヒールに跡が残っていましたが、これは501を借りた時と同じような位置でした。これでも引っかからないのは不思議な感じです。

4はやや厳しいかもしれませんが、下あたりにはかなり強そうです。トップでもよく拾ってくれます。

path2019012302

データを見ると、この太グリップのほうが安定する感じですが、実際の弾道は若干フェード気味が多かったような感じです。

ちなみに、PWだけ普通のベルベットラバーが入っているのですが、打点は安定します。

DSC_0412

7番は打痕が残ってなかったですが、先目に当っていることが多い感じでした。

やっぱりグリップは替えたほうがいいのかな?

飛距離的にはよくわかりません。ロフトが寝ているので、飛んでないとは思いますが、球の高さはそんなに高くはないですね。秋の試打会では確かに150ヤードの標識(実距離で137ヤード)の上部直撃してましたので、それを信じることにします。

フェードっぽい球が多かったのも、今日は暖かいといっても、あのころとは7°近く低いわけですから、そのせいかもしれませんね。

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | コメントをどうぞ

■YONEX EZONE CB301

到着しました。

DGOの中古ショップからの購入でしたが、これ、むっちゃきれいです。

dsc_0410

あ~写真上手く撮れませんでした。。。細かい当り傷がほんの少々です。ソールもコースで打ったことがないみたいに傷がありません。

シャフトはmodus105(S)です。通常は125(S)なんですが、軽いシャフトが付いています。125では重いだろうな、と思っていましたが、これなら丁度よさそうです。

ところが重量を計ってみると、5番で426gありました。これなら125と変わらない感じです。で

理由はグリップです。
dsc_0416.jpg

よくよく見ると、ミッドサイズなんです。太さは気になりませんが、10gほど重いんですよ。その分重量が増えてるんですね。前オーナーの意図がなんとなく見えてきます。

想像ですが、手元を重くして手元の浮きを押さえる、但し総重量は重くしたくない、そんな感じなんでしょうかね。

バランスを計ってみるとC9くらいです。このまま使ってみますが、ヘッドが感じられないようならばグリップ交換ですね。

あと、心配なのは、カスタムシャフトを入れて、グリップを変えている前オーナーなら、ライ角とかロフトとかもいじってるかもしれません。これも打ってみてからですが、ちゃんと調整しておきたいです。

早く試打してみたいですが、週末までいけません。。。

 

カテゴリー: クラブ | コメントをどうぞ

■練習会&HONMA TW747vx試打

金曜日にヒゲナシさんがらお誘いがあり、ヒューマンに行ってきました。ヒカルさんもご一緒です。

ヒゲナシさんはゴルフパートナーさんのお試しレッスンを受けられるとか。

私はこの日本間ゴルフのレンタルでTW747vxを借りていました。現在本間ゴルフでは試打クラブレンタルキャンペーンをやっていて、送料も無料なんです。(ただし北海道は追加の送料1080円のみかかります。)来月末にはドライバーとFWもレンタルの申込をしています。

747vxは人気があるのか、modus105のS装着モデルはかなり長い間予約が詰まっていましたので、仕方なくカーボンの85g台のやつをレンタル。85gといっても新しいVizardはウエイトフローのようです。

honma-tw747vx-backhonma-tw747vx-top

737に比べるとちょっとごちゃついた感じのバックフェースになっています。

ロフトは7番で30°と、かなり立っています。

売った感想は、掴まえるのが難しかったです。ヒッカケは出にくいですが、きれいなプッシュドローも打ちにくかったです。ショートアイアンでも基本フェードになります。

打感はよかったですね。

ちょっと購入候補からは外れる感じです。

あと、ゴルフパートナーさんで、懸案中のYONEX CB501を借りて再度打ち比べました。うん、やっぱりこれいいな!下当たりのミスに強いところと打感が好きです。掴まりも程よくいい感じです。ライ角のせいか、若干オーバードローすることが多いかもしれません。欠点はバックフェースがちょっと・・・
yonex-cb501-back

余計な横線はいらないです。

それと、ロフト設定が7番で32°、下の番手で5度ピッチ、上の番手は3度ピッチで、飛距離を求めながらPWを46°に合わせたようで、なんか気持ち悪いです。

これなら、飛距離を犠牲にしてでもCB301のほうがすっきりしていていいかな。7番で34°、上も下も4度ピッチです。AWの52°との間に1本、48°~49°くらいのウェッジを入れると、うまく距離を打ち分けられそうです。PWの46°まではアイアン設計、48°はウェッジ設計になるので、ここは2度ピッチで距離は合うはずです。ここで4度開けてしまうと距離的に大きく(多分20」ヤード弱)空いてしまうでしょう。ウェッジは重心位置やスピン性能の関係で飛距離はかなり落ちてしまいます。
pc-yonex-cb1-forged-main

と、いうことで、アイアンはCB301に決めました。帰宅して早速注文。あ、中古ですよ!到着が楽しみです。

ヒカルさんの新武器、ホンマのアイアン型UTを打たせてもらいました。直打ちでの打てないことはないですが、ロフト18°は私ごときでは歯が立ちません。いい当たりでもスライスしてしまいます。MCI120Xのシャフトはいい感じでした。
ヒカルさんは軽々と打ちこなしていらっしゃいました。さすがです。

ヒゲナシさんは熱心にレッスンを受けておられました。『アドレスでもっと右に傾け!』というのが大筋のようでした。確かにヒゲナシさんのアドレスはまっすぐすぎる気がしていました。

それから、ゴルパさんでM6ドライバーを借りました。これ、いいかもしれません。M4よりも掴まります。9°なんですが、球は上がります。ほんのちょっとだけロフトアップすると、俄然打ちやすくなりました。初速は出ますね。打感もいいですね。M3よりM1のほうが飛距離が出ていましたが、今回のM5、M6は前作。前々作をしのぐ出来のように思いました。次回はM5をもう一度試してみたくなりました。

練習の後は、ティータイムです。先日行った中島公園のそばにある『倉式珈琲店』へ。わりと安価でおいしいコーヒーがいい感じです。

ヒゲナシさん、今日も送迎までしていただいてありがとうございました。ヒカルさん、お疲れ様でした。TENSEI Pro Orange、いいそうですよ!

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 2件のコメント

■アイアン、301 or 501?

迷っています。。。

初期の候補はMizunoPro719、Srixon Z585だったのですが、ヒューマンでパートナーさんの試打会をやっていたときに打たせてもらったYONEXのEZONE CB301とCB501がそれらを上回る手ごたえでした。

CB301

CB501

 

どちらもS25C軟鉄鍛造のポケットキャビティでポケット部分にカーボンを挿入してあるタイプです。501のほうがポケットの幅が大きい感じです。多分深さも深いのではないかと思います。

301のロフトは7番で34°、501は32°です。301のほうが小ぶりでシャープな印象。

試打の印象はこちら。

YONEXのアイアンは純国産で、この前のモデルであるN1-CBのN1は『新潟製造1番型』だそうです。そのためかどうかはわかりませんが価格が結構お高いんです。。。上代で1本23000円。MizunoProより高くなります。
なもんで、中古狙いで考えています。

易しさなら501ですが、301の操作性も忘れられません。ドロー・フェードを意図して打てそうな気がしています。私は短重心距離のクラブがあうのかな?

いろいろ調べていると、中古でもmodusの各種シャフトが刺さったやつが出ていますね。

125(S)はやはり重いのでしょうね。
105(S)もこの頃あまり硬く感じなくなっています。
120ならXがよさそうです。
DG120(S200)やDG105(S200)のものもあります。

DG105を除いて、いずれも私にはオーバースペックと思われますが、何故か硬いほうが結果はいいようです。以前MizunoのスイングDNAで調べてもらったら、前そり角(いわゆる逆しなり?)がかなり多いようで、すべて重め・硬めのシャフトが候補になっていました。

この頃ちょっと臨時収入があったので、そろそろ決めたいと思いますが、もうちょっと悩みそうです。

カテゴリー: クラブ | コメントをどうぞ

■話題のドライバー

今日は午後出勤だったので、ヒューマンへ。

午前中はまずまずのお天気だったのですが、昼頃から雪が降りだし、気温も低くなってきました。

受付を終わると、ゴルフパートナーさんのいつもいらっしゃる女性のスタッフさんが、『新しいドライバー入ってますよ。是非打ってください。』と言って進めてくれました。
ちょっと覗いてみると、テーラーのM5、M6にキャロのEPIC Flashも何本かありました。まずは打ち放題が終わってからもう一度覗くことにしました。

path2019012302

大分安定してきたようですが、今日はアゲンストの風がやや強く、体感温度が低かったせいもあり、掴まえきれないかんじで、ちょっとフェードが多かったかもしれません。

アプローチも入念に打ちました。この位の風でも80ヤード以内で10ヤードほど飛んでない感じがします。

時間がきたので、パートナーさんへ。
M5とFlash StarのVR5(S)を借りてみました。打ち始めると、いつもの店員さんがSpeederVの入ったFlash Starも持ってきてくれました。
dsc_0401

dsc_0403
M5はちょっと重く感じました。あ、シャフトは写真撮り忘れましたがKUROKAGEのテーラーオリジナルです。
でも、そこそこ掴まります。引っかかって仕方がない、ということはありません。程よく、って感じで、左はそんなに怖くないようです。10.5°だったからか、高さは出ます。打感はかなり柔らかくなって、打音はパーシモンみたいな音になっていました。

Flash Starの2本は初速が出るエリアが広い感じです。シャフトはどちらも掴まりますね。TS3のVR6(S)を打ったことがありますが、5と6ではちょっと印象が違う感じです。今までの経験から三菱のシャフトは重量帯が変わっても特性はそんなに変わらないように思いますが、グラファイトデザインはギャップがおおきいのでしょうか?USTマミヤなんかは重さが変わると別物か?ってくらい振り心地が変わるように思います。
VR5は先がかなり柔らかいように感じました。
Speeder EVO Vはさらに掴まります。左のネットまで行ったりしてました。
打感が硬い感じで、音も今一。。。本球だとまた印象が違うんでしょうね。どちらも10.5°で、弾道はかなり高いです。そうそう、Starはカチャカチャがついてないのがデメリットですね。アップライトな感じがしました。

一度3本を返して、今度はM6とEPIC Flashのノーマルを打たせてもらいました。

dsc_0400dsc_0406

どちらもオリジナルのシャフトです。

M6は9°。ちょっと厳しいかな、と思いましたが、これが丁度いいくらいです。そういえばM4も9.5°が良かったですから、このくらいのロフトが合うのでしょうか?
打感は弾く感じで、カーボンっぽい音です。割と好きだなぁ。。。
最初は若干右にフェー祖する感じでしたが、打ち込んでいくと綺麗なドローが出ます。M5より軽めで振りやすく扱いやすい感じです。

Flashのノーマルは良かったですね、打感を除いては。。。ほとんどストレートでStarほど上がりません。10.5°でしたが、もう少し抑えたいので、9.5°のほうがいいのかもしれません。

最後に自分のPRGR RS-Fを。ボールスピードは負けていません。
GSTの計測では、どれも同じくらいです。スマッシュファクターはM6=Flashノーマル>=RS-F>M5>Flash Starみたいな感じですね。ただ、芯の広さはEPIC ノーマルが一番広い感じです。

今日は使いませんでしたが、M5の調整機能も魅力あります。M6のウエイトを軽くして長尺にするのも面白そうです。
EPICは、Starはちょっと・・・です。ロフトが合わなかったのかもですが。。。ノーマルはカチャカチャ付きで球筋はいいのですが、音が・・・です。一度本球を打ってみたいです。

新作ドライバーはみな易しい方に振っている感じですね。

カテゴリー: クラブ, 練習 | コメントをどうぞ

■maoぷ~が茨城でゴルフしたらしい

お友達のひろのちゃん、つぼっちさんと茨城まで出かけて、2019年初ゴルフを楽しんだようです。

スカイマークのツアーで、茨城空港利用2泊3日2食付き2ラウンドで3万円と超格安!

最凶雨女だけに、天候を心配していましたが、どうやらお天気に恵まれたようです。

午前発の便で茨城空港へ。そのままゴルフ場へ到着。なんと、キャディバッグなどかついでいったようで・・・若者は元気ですなぁ・・・

場所は城里ゴルフクラブ。

スライドショーには JavaScript が必要です。

芝は枯れている感じですね。

2日目も同じコース。

冬だけにスイングスピードも遅く見えます。

スコアは??教えてくれないところも見ると、それなりに芝をほじくったような気がします。

でも、まあ、楽しければいいか!

お疲れ様。

カテゴリー: ラウンド, 未分類 | 2件のコメント

■練習会 ~ヒカルさんもたじたじ・・・

極寒のなか、ヒューマンで練習会です。メンバーはヒゲンシさん、ユベオツさん、ヒカルさん、そしてひこさんと私。

風がなく日差しがあったのがすくいです。

オープン前にヒューマンに集合しました。10時の予定でしたが、皆さん時間はきっちりされているので、15分ほど早めに集まっていました。

しばし玄関前で雑談していると、私のブログにコメントいただいているひこさんが登場。お会いするのは2回目で、前回は昨年のRound#0ユニ東武で声をかけていただきました。お話し好きの明るい方でした。

ドアが開いて、フロントへ殺到!ってほどでもありませんでしたが、朝一はけっこう並ぶんですね。まずは5人分の連続打席を確保。

ひこさんは初ヒューマンということで、まずはゴルパさんで、ドライバーを吟味。なにやら70g台のXを探している様子。いつもの店員さんがいろいろ相談に乗ってくれて、TourAD IZの入ったやつとATTAS6☆の入ったやつを借りて打席へ。

すごいハードヒッターなんだろうな、ということは想像できましたが、実際に拝見すると、これがとんでもないハードヒッター!ヒゲナシさん、ヒカルさんクラスの初速です。

いつも持っていくGSTをお貸しして計測してみると、なんとHS50m/s、ボールスピード75m/s越え・・・あっけにとられました。。。ヒカルさん以上かもしれません。

ヒカルさんは途中からタイトリストのTS2とTS3を試打していました。私のおすすめ、VR6Sの入ったTS3は好感触のようで、いい球を連発していましたが、隣の打席ということもあり、今日はひこさんの球筋に目が行きます。
ひこさんにもVRの入ったTS3を打ってもらいましたが、6Sでは柔らかいのか球がばらけます。6☆がお気に入りのようです。
6☆は癖のない中調子というか、扱いやすいシャフトですが、6Xは硬かったです。

私はいつものようにアイアン中心。
irpath20190113

インサイドアウトがまだきついようで、軌道を見てもインパクト付近はDゾーン(シャフトラインのわずかに下側)から入っているようです。もうちょっと外から入れてもいいのかなぁ?
でも、上のようにフェース角のグラフとクラブパスのグラフが同期するというか、同じような山を描いているのはだいぶ安定してきたことを表している気がします。

お昼ちょっと前まで打っていましたが、皆さんとおしゃべりしながらだったせいか、すぐに時間が過ぎていきました。

寒い中、皆さんお疲れ様でした。

ユベオツさん、送迎お願いしてしまい、ありがとうございました。

ひこさんも遠くからご参加いただきありがとうございました。またご一緒出来ればいいですね。NGBコンペにもぜひご参加ください。

 

カテゴリー: 練習 | 11件のコメント

■練習~ひげなしさんとばったり。。。

ヒューマン、行ってきました。

流石に寒かったです。クラブが振れません。お天気が良かったので、今日はボールの落ち際までよく見えました。

風は北西4mくらいかな?北西から吹いてくると、ほぼフォローになり、後ろの壁が風よけになるので打席ではあまり感じません。

いつものように1時間の打ち放題は短いクラブでのスイング固めとアプローチ。

40ヤード、方向は黄色いコーンの左2ヤード、グリーンの籠とコーンの中間が狙い。

60ヤード、黄色いコーンの真左2ヤードが狙い。

アプローチも外に上げてインからアームローテーションを入れたほうがダフらず、低く出ていくようです。引っかかりも少ないですね。

前回はドライバーのスイングが酷いことになっていましたが、今日は外に上げることを意識して、だいぶ良い感じになってきました。
drswing20190106

ドライバー
drpath20190106

7番アイアン
irpath20190106

大分まとまってきた感じです。

打ち放題が終わった後、パートナーさんにクラブを借りに行く途中、ちらっと左側を見ると、なんと、見慣れたスイングでバシバシ打っている人が・・・見たことあるジャンバーです。ヒゲナシさんが打っておられました。

暮れに接着したProjectX(6.0)のシャフト打たせてもらいました。これ。硬いですね。寒さのせいもあるでしょうが。。。特に手元が硬く感じます。若干短いこともあるでしょうね。先はかなり走る感じがします。元調子のはずなんですが。。。手元が硬すぎるから?掴まりは良かったです。

ゴルパさんでは、前回に引き続きTS3+VR6(S)と2017RS-F+TourTD TP6(S)の2本を借りました。

2017RS-Fはフェードばっかり出ていました。私のDiamanaRF50(S)をつけてみるとまずまず掴まりました。TP6(S)は60g台の割には私のRFと同じ長さなので、ちょっと重く感じます。バランスがD5以上出ている感じです。

TS3のVRはやはりいい感じです。これは60g台のシャフトで、私のドライバーと比べてみると0.5~0.7インチほど短いようです。これならば振りやすいです。

気を抜くとスライスしてしまいますが、概ねいい球が出ます。TSシリーズはやはり初速は出ますね。球質や気温などを考えると1.45以上のスマッシュファクターが連続するのちょっとびっくりです。

あれ、なというのでしょうか、単4電池みたいなウェイト、あれを左右入れ替えてみると掴まりは良くなりますが、いきなりヘッドがターンする感じで、引っ掛けてしまいます。もう少し穏やかに帰ってくれるといいのですが。。。

ひげなしさんにも打ってもらいましたが、VRは吹け上がらなかったようです。風のせいかもしれませんが、ロースピンの球が打ちやすそうに思います。

 

ひとしきり打ったところで、遅い昼食をご一緒させていただきました。

ひげなしさん、今日も送っていただきありがとうございました。

次回は13日の日曜日にまたお会いしましょう、ということで、お別れしました。たぶん暖かいお昼頃になると思いますので、 10時からの予定ですので、どなたかご都合の合う方がいらっしゃいましたらご一緒しましょう。あまりに荒天の場合は中止しますが。。。

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 6件のコメント