■ピン、抜く?抜かない?

今年からのルール改正で一番注目されているのは「パッティング時にピンフラッグを抜かなくてもいい」という点ではないでしょうか?

私は絶対抜かないほうが有利と思っています。

普通のグリーンの速さで、特に1mくらいのショートパットでは3mオーバーまでは入ると思っています、感覚的に、ですが。。。

ただ、それは、カップのセンターから入る場合で、ちょっと左右にずれると1.5mオーバーくらいまでかな、というのが実感です。

じゃ、ピンがあれば?センターならば確実にあったほうが入るでしょうが、ずれた時は却ってはじかれてしまうのでは?そう思ったりもしていました。

で、こんな実験動画を見つけました。

センターをはずすとそんなには変わらないんですね。ならば、絶対に抜いては損することになるのでしょうか?

ただ心配なのは、ピンを立てたままパットしていると、後ろの組が打ってこないか?ってことです。特に打ち上げのグリーンでは、後続組はピンが立ったかどうかでグリーンを狙うショットを始めるように思うのですが。。。これからはカートが動いたかどうか、などで判断しないといけないのかもしれませんね。

そのほか、ややこしいルール改正もあるようなので、春までにちょっと勉強しないといけないですね。

広告
カテゴリー: 未分類 | 9件のコメント

■初打ち

してきました。

ヒューマンです。気温はマイナス2°位。でも風はほとんどなし。

この頃は最初の1時間は打ち放題で終わった後カード打ちに入ります。このとき打席料はかかりません。

それと、お正月はお年玉として500円のカードをいただけるのもちょっとうれしいですね。

打ち放題の間は小さなクラブ、アプローチの距離の打ち分けや、アイアンのスイングチェックなどを主に行います。

52°で80ヤードまでカバーする感じですかね。たまにしか引っかからなくなっています。フルスイングは厳禁で、8割までに抑えて1球ごと距離を変えます。70ヤード、50ヤード、60ヤード、40ヤードみたいな感じです。50と70が下手ですね。。。

DSC_0383

DSC_0382こんな感じなんですが、63ヤードの左側が一番集まりました。

これを基準に縦距離のブレを調整出来れば、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイング的には、アイアンはまずまず。7ISwing201901
path20190102

フェース角が時々マイナス(フック)になっているところが気になりますが、ダフリが多かったのと関係あるのかな?
インサイドアウトは相変わらず大きすぎるかも。

ところが、ドライバーがいけません。
DrSwing201901
もっと外に上げてループしなければいけないですね。ちょっと修正が必要。長いクラブもたまには打たないといけませんね。

練習器具のTRY-ONE Superfast FLEXで50m/sが出ました!
DSC_0384
もっともっと振り込みたいです。

それと、ゴルフパートナーさんでTitleistのTS3(9.5°)にTourAD VR6(S)が入ったのがあったので借りてみました。
VR

ブルーが美しいシャフトです。中先だと聞いていましたので、掴まってしまうのか、と思っていたら、まぁ、掴まるんですが、先は硬そうでブレない感じです。手元もそこそこ撓りを感じ、タイミングは取りやすいです。60g台はめったに打ちませんが、その分短いので、芯には当てやすい印象でした。スマッシュファクターも出ますね。
Speeder Vのような撓り戻りにスピード感があって左に巻き込むように掴まるのではなく、しなやかに戻ってくる感じで、先がしっかりしている分重心距離の長いPingのG400やテーラーのM4なんかに合いそうです。ローグ(スター)ならば掴まりすぎるかもしれません。PRGRのRS-Fなら相性よさそう、ノーマルRSなら左に巻いてしまいそう・・・

これ、ちょっといいかも。

カテゴリー: クラブ, 練習 | 2件のコメント

■謹賀新年

etonengajouBD_0028

画像 | 投稿日: 投稿者: | 4件のコメント

■打ち納め練習・・・ヘッドスピード上がった?

行ってきました。この2週間ばかりなにやらバタバタして練習できてなかったのですが、今日は出勤の前に練習です。家を出てみると凄い風・・・これはアウトドアはキツいなぁ、と思いインドアに変更。会社からも便利な北24条のMRゴルフセンターへ。

2階しか空いていませんでした。

久しぶりなので、軽く注意点を確認しながら7~8割くらいで打っていました。

身体が温まってからフルスイングへ。なんとか忘れていなかったようで、以前のように引っかかる球は少なくなっています。

20181228Data_1

20181228Data_3

20球打って、上下にばらけた2つは削除しました。フェース角はだいぶまとまってきました。しかし、インサイドアウトが強すぎる感じですね。軌道を見てもやはりインサイドから入りすぎています。
20181228Data_2

↑これは比較的いい感じのデータですが、インパクト前にVゾーンの下に落ちているのが多かったです。腰のキレが悪かったのかもしれません。ちょっと注意しながら打っていました。

動画です。
その前にターゲット。
MR

トップでの立ち上がりが少しマシになっているかも。バックスイングで左腰を回すのではなく右斜め下に落として右腰を切り上げる感じにしてみました。

それと、TRY-ONE Superfast FLEXをかなり多めに振ってみました。とにかくめいっぱい下半身を使って振り切ります。けっこう疲れますね・・・

ちょうどGSTが反応してくれました。
DSC_0381

そのあと、7番アイアンで計測してみると、いままで電池切れ間近の時にか出なかったスピードが出ています。ドライバーでもこの時期44m/sが出た覚えはありません。

係数は100、ボールはかなり古目のレンジボールなので、スマッシュファクターは良くないですが満足です。ただ芯を外しているだけ、の感じもしますが。。。

やっぱり効果はありそうに思います。。毎日振れればいいのでしょうが、場所がないので・・・寒い中公園にでも行く?

こんな具合に練習修了です。

 

 

 

カテゴリー: 練習 | 2件のコメント

■プチ練習会&プチ忘年会

ってことで、今年たくさんご一緒していただいた、ヒカルさん、ヒゲナシさん、ユベオツさん、トシさんの5人で反省会などを含めて開催しました。

まずは昼過ぎにヒゲナシさんのお迎えで、ヒューマンへ。ユベオツさんがすでに同乗されており、そのまま直行。

風もなく割と暖かい感じで、いいコンディションでした。

練習の習熟度はまずまずかな。引っ掛けが少し多くなりましたが、球がそろってきた感じです。この頃気にしているのはフェース角とクラブパスです。

20181215

2018_1215Data

フェース角がオープン(プラス)、クラブパスはインサイドアウト(プラス)で、フェース角-クラブパスがマイナスならドロー回転、そんな感じで数値ががそろってくればいいのですが、なかなか揃ってはくれません。

ただ、クラブパスはほとんどインサイドアタックできるようになっています。ちょっとインサイドアウトが大きすぎるかもしれません。
時々フェースがかぶるのは、多分ですが、腰が正面向いているか手首がフリップしているかのどちらかのように思います。

私は7球ほどしか測定しませんでした。その後、ユベオツさんにM-Tracerをお貸しして、ヒゲナシさん共々計測していました。結果はユベオツさんのブログで。

ヒゲナシさんがまたたくさんクラブを持参しておられたので、何本か打たせてもらいました。ProjectX6.0のアイアン、う~~ん、硬い!ドライバーも70g台のシャフトでDiamanaBFとDiamanaWが入っていて、まぁ打てないことはないですが、重すぎます。こんな道具をスカっているヒゲナシさんがうらやましく思ったりしました。

ユベオツさんのために、というわけではありませんが、ゴルフパートナーさんからTitleistのTS2とTS3を借りけきました。ご自分のシャフトを付け替えながら試していましたが、TS2のほうが良かったそうです。

ヒゲンシさん、やっぱりすごいパワーですね。M-Tracerの解析で分かったのは、かなりのオーバースイングでトップでのシャフト回転が90を超える、というかなりオープンなスイングでした。

私はまたまたYONEXのCB501を借りてきました。これ、いいんですよね。すっかりお気に入りです。シャフトがちょっと軽いので、そのあたりを調整できるといいなぁ、そんな感じです。

で、夕刻。今日の忘年会はヒゲナシさんのお宅で開催することに。我々はお買い物をしてから向かいました。男3人鍋料理の準備する、何と素敵な光景でしょうか!

ヒゲンシさん宅に到着して、まずは、シャフトの接着。ヒゲンシさんがドライバーのシャフトを調達していらっしゃったので、私が道具を持参して促成工房に早変わり。

無事スリーブ装着しましたが、スリーブの内側がちょっと油っぽい感じがしたんですよね。十分に脱脂をしたつもりですが、うまくくっついてるかな?ヒゲナシさん、最初はゆっくり打ってくださいね。

しばらくするとトシさん、ヒカルさんがほぼ時差なく到着。

宴会の始まりです。ヒゲナシさんに鍋つくりをお任せして刺身をつまにしながら歓談。ワサビ取ってくるの忘れた!

まぁ、なんだかんだで、11時ころ解散に。またまたヒゲンシさんのお世話になり白石付近まで送っていただいたり。。。(ヒゲンシさんはお酒飲まれないそうです)

もうもう、至れり尽くせりでお世話いただき、今年の垢を落とすことができました。

また来年ですね。

皆さんありがとうございました。特にヒゲナシさん、申し訳ないほどのお世話いただき大変感謝しております。またヒューマンでお会いするかもしれませんね。

カテゴリー: 練習, 未分類 | 4件のコメント

■練習器具

いくつか持っていますが、全部フォーム矯正のものばかりです。腕の三角形を崩さないやつのかアームローテーションを確認するやつのか右膝がバックスイングで流れないようにする楔みたいなやつなど。。。

今回初めて違うジャンル、ヘッドスピードアップのやつを入手しました。

dsc_0365.jpgdsc_0364.jpg

ロイヤルコレクションが発売している「TRY-ONE Superfast FLEX」というものです。軽めの棒状で、すごく柔らかい、そんな感じです。重いものを振ってもヘッドスピードは上がらない、ということは、何人かのプロたちが言っていることですが、現存の軽いのはあまりにも軽すぎて、なんか頼りない感じなんですね。で、こいつは45インチで260g。いい感じです。

なんとグッドタイミングで▼▼さんがYoutubeにこれの動画をアップしています。

早速、今日使ってみました。

ほんとにヘッドスピード上がりますね。

まずは普通に7番アイアンを打っていて、GSTで計測してみると大体34~35m/sです。10球ほど計測してから、TRY-ONE Superfast FLEXを7~8回ビュンビュン振りました。撓りが感じて振りやすいです。ヘッドが付いていないのでGSTでうまく計測できないこともありますが、48m/sが出ていました。これが「リミッターをはずせ!」なのかなぁ・・・あ~~疲れた。。。

そのあと7番に戻すと、お~~1.5~2m/sほど上がってます。ボールスピードも3m/sほど上がります。推定飛距離の差としては8ヤード平均くらい上がります。下手なのでばらつきがあるのですが、下がることはありません。

しばらくしてから、ドライバーもやってみました。やっぱり同じような結果です。

これ、使い続けたら、かなり効果がありそうな気がします。

スイングが速くなっているのは、スイングしていてもわかります。

それと、手持ちのRMX tourmodel MBのヘッドにmodus125のXシャフトをつけてみました。
dsc_0366.jpg
これ、カッコイイんですが、難しくてあまり打っていませんでした。

結果は、やはり難しいですが、打てないことはありません。上手く打てると強い球がでます。modus125のXも上々な感じで、マイナス気温の今時期でも撓りが感じられました。曲がりは少ないですね。重いのは気になりますが。。。私的にはカット後で110gちょっと切りくらいのシャフトがいいように思います。modus125Xはカット後115.7gです。ちなみに6番用を入れてます。いわゆる番手ずらしです。

もう一本のProjectX LZ5.5を入れたほうの7番アイアンのほうが振りやすいです。8gの差は大きいですね。

軌道は大分安定してきました。
swing01

フェースの向きも8割以上はオープンででインサイドアウトになってきています。


我ながらなかなかいい感じの進捗です。

カテゴリー: クラブ, 練習, 未分類 | コメントをどうぞ

■好天のためふらふらと練習へ

機能とは打って変わっての好天。たまらず練習に行ってきました。

お天気がいいので、球の落ち際が良く見えます。ただし地下から打っていたので、縦距離が見にくいんですが。。。

7番アイアンは前回に引き続き①後ろ倒しやや多めで②腰を早い段階で開いて③腕のローテーションをしっかり、の3点をみっちりと練習しました。

あと、フォローで後ろからグリップエンドが見える感じも時々意識する感じかな。

2018_1202Data

うん、1発目を除いていい感じ。

M_Tracer1.gif

ドライバーもチェック。

M_Tracer3

ありゃりゃ、だめじゃん・・・

インサイドに引きすぎ?これが不調の原因かな?球筋は引っかかりが多いのと、スライス回転の球が多く出てました。

で、大きく外に上げてループすることを意識。

M_Tracer2

だいぶ良くなりました。球の勢いも出た感じで、ネット近くまで行っていました。

最初の1時間は時間打ちだったので、アプローチも多めに。引っかかりが多かったのですが、しっかりフェースターンして、フォローで後ろからグリップエンドが見えるように意識すると真っすぐ行くようになりました。フェースを正しく返すと引っかからないんですね。フリップすると思いっきり引っ掛けますが。。。

 

ひとしきり打ったところで終了して1階へ。ゴルフパートナーさんで試打会をやってました。このごろいつもやっているようですが、今日はYonex、Titleistがあるようなのでちょっと打たせてもらいました。

左がEZONE CB301でシャフトはmodus125(S)でハーフキャビティのノーマルロフト、右がEZONE CB501でシャフトはmodus105(S)のポケットキャビティ。

どちらもポケット部分にカーボンが埋め込まれています。

まずはさらに易しい701から。これはいわゆる飛び系アイアンでグースがかなり入っています。グースのきついアイアンはもれなく引っ掛けるかダフるのですが、やっぱりこいつも上手く打てません。

次に501。多分私にはアップライトなので若干引っかかるのは織り込み済みです。
ところが、これは引っかからず練習通りの若干右に出てスロードローしてくる理想的な球筋が連発します。飛距離は、、、おやっ!150ヤード付近まで行っています。夏場と変わらない飛距離が出ています。風はほんの少しの右からのアゲンスト。これ、夏ならキャリーで150の看板越えていきそうです。ちなみにロフトは32°です。
打感も抜群にいいです。S20Cだそうですが、それ以上にポケット部のカーボンが効いているような気がします。
mosud105(S)は軽くて硬いのですが、うまく打てます。芯に来やすい感じがします。これはいい!

次に301。501でもフェースは小さめですが、301は更に小さく見えます。ロフトは34°と寝ているので、501より5ヤード以上飛ばないのかな、と思いながら打ってみました。
それが、ですね、同じくらいの距離が出るんですよ。150の看板に上から直撃したりしてました。球筋は501と同じ。
modus125は以前使ったことがありますが、あの時はRフレックスでした。手元が撓って、先も少し弾く感じはProjectX LZと似ています。DGではまったりしすぎるのですが、これくらいのスピード感があるほうが安心して振れる気がします。
振り感は小ぶりヘッドと相まって抜群にいいです。

ここにきて一気にほしいものリストのトップに来ましたね。そのほかではMizunoPro719ですね。Srixon585もいいですが、打感の点で2歩ほど劣る感じです。

高価なProjectX LZでなくてもmodus125でよさそうな気もします。

帰宅してからもあの打感のよさが手と耳に残っています。

 

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 5件のコメント

■プッシュドロー打てるかも・・・

私の理想とする球筋は・・・ターゲットラインの少し右に飛び出して、軽いドローで戻ってくるか、ターゲットラインにまっすぐ出て軽くフェードするかのどちらかです。
一番嫌うのはターゲットラインの左に飛び出すことなんですが、この数年ほぼ全部ヒッカケが出てしまっていました。
一時しのぎで右に向いて引っ掛けて打とうとしたこともありますが、スタンスの方向と球の位置関係が難しく、意識はピンに向いているのでやっぱり引っ掛ける、というありさま。

特にアイアンが酷いです。ウッド系の長いクラブはそうでもないんですよね。

原因を考えまくりましたが、要するにインパクトでフェースがクローズになること・・・あたりまえか。。。
で、フェースを開いて構えると高く上がって飛距離が出なくなります。
これじゃないんだよな・・・
ゴルフ5でたまに計測してもらいますが、7番アイアンで30ヤードも左に行ってしまいます。

近年の理論はボールの飛び出しはフェースの向いているほうで、フェースパスに対してクローズならフック回転、オープンならスライス回転ということが分かっています。昔は逆だったそうですね。スイングの方向に飛び出してフェースの向きに曲がる、とか。それならばダウンブローに打てば地面にめり込むわけですが。。。

ターゲットラインの右に打ち出すということは、フェースは飛球線に対してオープンになっていないといけないわけです。そして、それ以上の角度のインサイドアウト軌道が必要です。
じゃ、どれくらいがいいのか?正確な数値はわかっていませんが、自分的にはターゲットラインに対してフェース角2°オープン、3~4°のインサイドアウトくらいなのかなぁ、そう思っていました。

いくら打ってもフェースがオープンになりませんでした。

ところが、です。11月に入ってから、ProjectX LZシャフトを入れたアイアンを打つと、これが嘘のようにフェースオープンになるので、ほんと驚いています。
もちろんスイングもいろいろいじってますので、相乗効果もあるでしょうが、KBS Tourやmodus105などのアイアンを打つと、やっぱり若干クローズになります。

11/18のデータです。
11_18

ProjectX LZに変えて2回目の11/28のデータはこれ。
11_28
表にするとこんな感じ。10球に限定しました。
teble

フェース角だけ見ると、11/18は10球中5球がクローズ。11/28はダフった1球のみクローズ。それを除くとオープンの度合いが0.4~3.4の間で安定しています。

フェース角-クラブパスの値がフックまたはスライスの度合いと考えてよいのかも。マイナスがフックになるので、この値が-2~-3くらいになるようになれば思った感じの球筋になりそうです。

ちょっとインサイドアウトが強そうですね。これはスイング中で腰の切り方を大きくすると治りそうな気がしています。

見た目のスイングはそんなに変わっていませんが、球筋はいい方向に向かっているように思います。
7番アイアン。ターゲットラインは中央の支柱の1本右でそこからドローして150の看板当たりが理想です。

52°のウェッジ。

そういえば、ダフるショットがかなり減ったなぁ・・・

 

 

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | コメントをどうぞ

■右足がバタバタしてる・・・

球筋はかなり良くなっています。ProjectX LZ5.5のアイアンはすっかりお気に入りで、引っかかりが出にくいです。まだ30%くらいは引っかかるかドローがキツイのですが、今までは90%引っかかってましたから、それに比べれば体感的に”ほとんど真っすぐ”状態なわけです。

インパクト~フォローの画像はこんな感じ。

う~ん、もうちょい腰を先行しないと・・・でも以前に比べてわずかながらインパクトで左腰が開いています。

動画で見るとなんとなく雰囲気が出ています。

右足が切り返しから体重が一度踵側に乗りつま先が浮く感じで次につま先に乗っているように見えます。トップで身体が起きるのに関係しているかもしれません。次回はつま先が浮かないように踏みしめてみます。

後方からです。目標はセンター支柱の1本左の支柱です。

ちょっと後ろ倒しが甘いかもしれません。

M-Tracerで測定してみました。

M-Tracer_data

赤線の左側は今注意している2点(腰の開きと腕のローテーション)のみを気にしたスイングで、赤線の左は大げさに後ろ倒しをしたスイングです。

軌道はこんなに変わります。

注目したいのは大きく倒し出してから、明らかにナチュラルアンコックの数値が上がることです。連れてヘッドスピードも上がります。ご存知のようにM-Tracerのヘッドスピードは機械の取り付けぬ場所によってかなり変わるので、絶対値はあてになりませんが相対的にあきらかに上がります。

ただ大きく倒すとなかなか芯に当たらないのが困りもんです。GSTでも計りましたが、ヘッドスピードは1m/s以上上がりますがボールスピードはあまり変わらず、ミート率が落ちてしまいます。この中間ぐらいまで倒すようにやってみようかな。

 

カテゴリー: 練習 | 2件のコメント

■寒いけど練習~球筋が変わった!

先週通し番が続いたため、今日から4連休です。

札幌もようやく雪がチラチラです。

アイアンのシャフトを試してみました。というのも、先日ゴルフ5でmodus120のXフレックスを打ったところ、全然打てるしむしろ引っかかりがなく打ちやすい感じでした。
それで、いろいろ調べた結果このシャフトにたどり着きました。

ProjecyX LZ 5.5

ちょっと高価なんですが、なかなかよさそう。ちょっと前にヒゲナシさんのアイアンを打たせてもらいました。ProjectXのノーマル6.5が付いていました。流石に硬すぎて使えなかったんですが、なんとなくフレックスを落とせばいけそうな予感がしていました。
このLZはもう少しソフトにした感じで、丁度ロゴのあたりが魚の鱗状になっていて、いかにも『ここが撓るぞ!』という雰囲気が出ています。スペックはこんな感じ。
5.5でもDG S300位の硬さです。

ヘッドは’14RMX TourCBで、重量は265.0g。
ProjectX LZ の7番用は カット前114.4gで6cmほどカットした後は   107.3gでした。大体1cmで1g少々軽くなるようです。
※ちなみにmodus系はカット量が多くなるので10g以上軽くなります。
グリップはSTM 50.8g 薄テープ2重巻

こんな感じなんですが、ダミーグリップをつけてバランスを計ってみるとD1.3当りです。でも大体組み上げると4~5gほど重くなりバランスは0.5~0.8くらい上がります。
結局組付けてみると428.4g D2.1で思った通りの仕上がりになりました。長さは計り方によって変わるのではっきりわかりませんが、おそらく36.8インチくらいだと思います。

早速打ってみました。

1発目は力んでダフリ・・・www
でも次からはいい感じの球が出だしました。そして、なぜか引っかかりが少ないんです。

鏡を撮影して反転

スイング的には腰の開きとアームローテーションを意識しています。一番多い球筋は、右に出てドローしてくる理想的な感じですね。現状ちょっと硬いかな、とも思いますが、おそらく寒さのせいでしょう。

打席は150横の黄色いコーンに向いていますが、そのコーンと150の看板との間に集まってきます。飛距離もこの時期にしては十分。
ライ角が私にとってはアップライトなので、もっと引っかかるはずなんですが、あまり引っかからずややもすると右に抜けていくことさえあります。

ミスショットも少ないんです。芯に当たる感触が心地よかったです。まだまだ完成度は全然ですが、何か光が見えてきたような・・・

カテゴリー: クラブ, 練習 | 4件のコメント