■maoぷ~が北広島西コースを下見したらしい

次の日曜日はNGBコンペ。場所は北広島GCの西コース。ってことで、娘maoぷ~が下見してきたようです。

メンバーはAquaの仲間たち。

1535979956711

またまたひろのちゃんとおそろいのウェア。

1535979968532.jpg

スコアはこんな感じ。

1535979947728

おお、ニアピンホールでお見事パー奪取!!これは期待できますね。

でもHDCPが31なので、110は切らないと厳しそう。。。

コンペガンバレ!

広告
カテゴリー: 未分類 | 10件のコメント

■’18 Round#16 石狩平原CC 中~南

昨日のラウンドです。ヒカルさん、トモさん、ユベオツさんとの4サム。

お天気は曇り時々晴れで、風はなかったり吹いたりでコンディションは良好。なんとなくいいスコアが期待できる感じです。

DSC_0296

その予感通りか、中1番でティーショット左ラフからUTでパーオン。長いファーストパットを上手く寄せて、というかあわやバーディーみたいなパットでパー発進でした。2番でもナイスショットで

残り70ヤード。しかしここからがいけません。目土が入った状態のFWからザックリを3回。。。トップしてグリーンオーバー・・・ダボ。。。

まあ、なんとなく普通な感じにもどってしまい、打ち下ろしの8番ではまたもや左OB・・・

後半も何か冴えない感じ。鬼門のロング2つはやっぱりなんか起こります。

Score20180901

最終ホール2打目OBでした。つけ忘れです。

なかなか思ったようにボギーペースになりません。ショットが引っかかるのが原因ですね。なんとかしたいのですが、練習ではうまく修正できても、本番では元に戻ってしまいます。

アウトサイドインのスイングは長い時間かけて治っているので、同じように修正したタイミングで打ち込んで治すしかないのでしょうかね。

RS-Fドライバーはまずまずでしたが、後半は力が入る感じであまり良くなかった印象です。Xanaduは手元が硬く切り返しで力むのか、全体の硬性が不足して軌道が安定しないのか、まぁ、あんまりうまく打てないのかもしれません。

ところで、こんなのを見つけました。
DSC_0298

ヒカルさんに以前から聞かれていましたが、換えシャフトのスリーブを保護する部品です。右端のは以前RMXのシャフトを純正でお願いしたところ、ついてきました。これ便利だったので、以降ずっと使ってました。いろいろ調べていましたが、革製のやつは見つけましたがお値段が高い。。。3000円もするんです。
この頃になって、神戸のティーオリーブさんのサイトで発見!スリーブの太さも選べます。お値段は162円です。ヒカルさんが購入されるとのことでしたので、私のも一緒にお願いしました。

何のために予備が2つも必要か???

カテゴリー: ラウンド | 6件のコメント

■ヒゲナシさんとヒューマンで練習

夜、ヒューマンに向かっていると、偶然ヒゲナシさんも練習に行こうかな?とLineが入りました。
私は先について屋上の一番左隅で打っていました。

RS-Fが気持ちよいので、打ちたかったのと、KUROKAGE Silver TiNi DCももうちょっと打っておきたかったこともあります。

結構KUROKAGEもいいんです。それに比べてXanaduがちょっとばらけました。距離的にはXanaduなんですけどね、KUROKAGEの安定感と振りやすさも捨てきれない感じです。

左がKUROKAGE、右がXanaduのベストショットです。XanaduだとSF1.5を越えることがあるんですね。でも球筋はKUROKAGEが安定しています。GSTを持っている方は気が付いていると思いますが、夜は数値が若干下がります。

そんなことをしているうちにヒゲナシさんが到着です。

ご挨拶してから軽く打ち始めました。さすがヒゲナシさん、素晴らしい高弾道の球を打っています。あれれ??シャフトが・・・アイアンをリシャフトされたようです。ProjectXの6.0!うひゃ~~硬いやつです。ちょっと打たせてもらいましたが、私には、撓り戻りが速いのと切り返しで力んでしまうせいか、引っかかりが大きいです。

そうこうしているうちにドライバーを打ち始められました。パシュ~~!なんか聞き覚えのある打球音がし始めました。

見せてもらうとBSのJ715 B5です。
113982
2014か2015の頃のものだと思いますが、懐かしいTourStageの打音がするんですね。で、シャフトは、というと、なんとDiamana BFです!これは打たせてもらわないと、と思い、お願いしました。手に取ってみるとロフトは8.5°!!シャフトは70S!!!でした。。。

こりゃだめだな、と思いましたが、とりあえず1発。やはり球が上がらずライナー。。。気を取り直してフルスロットルで何球か打ちました。おお、大分当たってきました。シャフトが助けてくれている感じです。ちょっとカチャカチャをいじらせてもらって、フックにして開いて構えるようにすると、いい感じになってきました。たまに引っかかりますが中弾道のドローで安定してきました。いい感じです。これ、いいドライバーなんですね。それとBFは打ちやすいです。なんか三菱のシャフトは好きなんです。手元が撓る割には全体に張りがあってシャキッとしているところが大好きです。それに加え三菱のシャフトは重量帯を上げてもフレックスはそんなに硬くはならないように思います。通常50Sで255cpmなら60Sで263cpm、70Sで270cpmみたいになっていくことが多いのですが、Diamanaは3cpmくらいずつしか硬くならないように思います。70Sでもなんとか打つことができました。

ヒゲナシさんはこのクラブで上から垂れ下がっているネットに当ててしまうくらい高弾道の球を打たれていました。ちょっとスピンが多く吹け上がっているようにも見えます。すごいパワーです。

いろいろおしゃべりしながら200球ほど打って失礼することにしました。

ヒゲナシさん、貴重なドライバーを打たせていただきありがとうございました。


で、今日、某掲示板を見ているとこんなのが張ってありました。
43Aoumf
TourADのシャフト分布です。

それからスチールのアイアンシャフトも。
0pxay3Q

見にくいですね。

45m/s
MODUS3 130
KBS Tour V
KBS Tour
Project X
MODUS3 125

44m/s
NS PRO 1150
KBS C-Taper
Dynamic Gold

43m/s
Dynamic Gold SL

42m/s
GS 95
NS Pro 1050
MODUS3 105

41m/s
MODUS3 120

40m/s
NS Pro 950HT
KBS C-Taper95
NS Pro 950GH

39m/s
NS Pro 850GH
KBS Tour 90
NS Pro 750GH

38m/s
XP 95

37m/s
NS Pro ZEROS 8

36m/s
NA Pro ZEROS 7

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 11件のコメント

■’18 Round#15 石狩平原CC 西~中

昨日はヒカルさん、としさんとの3サムでのラウンド。

前日、試打会で打ちすぎました。ざっと計算するとドライバーばかり100球超えるくらいかもしれません。心配していた通り、朝から背中や肩が痛い・・・そして、指もタコが擦り切れていてパックリ口を開けています。

やっちまったなぁ・・・

ってことで、朝の練習から力が入らず、へなちょこ球を量産していました。

まずは1球でもRS-Fでいい球が打てればいいなぁ、という感じです。

お天気は曇り時々晴れ。朝方まで雨が降っていたようですが、なんとか上がり雨には当たりませんでしたが風がだんだん強くなりました。

DSC_0292

西1番はきついアゲンスト。RS-Fの1発目はちょっと先気味に当たり右からの軽いフック。2番でも同じような感じ。FWキープはまずまずのようです。飛距離は思っていたほどではなかったですが、背中が痛く捻転がうまくいきません。ぎこちない、というか、捻っていくとギシギシする感じで軽い痛みと違和感満載です。

ロフトを-1°にしていましたが、途中から±0に戻しました。弾道は明らかに高くなります。右に吹かしたのが2回かな?あとは基本ドローします。

スコアはこんな感じ。

Score20180825

西9番は打ち上げで嫌な感じの左ドッグレッグで、左が谷になっています。近道を狙うと谷に落ちてOB、嫌がって右に打つと遠くなるうえにつま先上がりのライになるという、困ったホールです。

ドライバーはいいショットでした。この日一番か二番みたいな・・・しかし、右からのアゲンストに押されてドローがきつくなり、ラフに5cmほどかかりました。ギリギリFWということにしておきます。そこから残り148ヤードの右からの強い横風。右手前には深いバンカーが待ち受けています。ピンは左奥だったので、直線的にはバンカーはかかりませんが、ロケーションや風を考えると、その深いバンカーの上をいかなければいけない感じでした。

6Iか24°のUTで迷いましたが、バンカーを嫌ってUTで。思った方向に飛び出して大きく左へフック。ピン右あたりに落下したように見えましたが、行ってみると左のカラーまで行っていました。でも、それがラッキーで、まっすぐのライン。パターでチップインして、久しぶりのバーディーでした。

気を良くして中コースへ。

と、その前に焼き鳥!

DSC_0293

専門の小屋までできていました。皮と豚バラをいただくことに。

中6番は300ヤードほどのホールですが、かなり強めのアゲンスト。ドライバーが当たり、残り75ヤードまで行っていました。(この時、ヒカルさんのすぐそばまで行ってましたが、ヒカルさんはミスショットだった?)このくらいの距離を打つクラブがありません。この風では上りで80ヤードは52°では届きません。PWで押さえて打ったところ、ピンくらいにキャリーしたように見えましたが、奥のバンカーまで行ってしまい、ダブルボギー・・・残念。(あ、上のスコアカード間違ってますね。3パットです。)

この日はアプローチが全然寄りませんでした。かなり練習したんですが、ことごとくショートでした。コースになると打ち切れないんですかね。次回はオーバーを恐れずもっと突っ込んでみます。

8番でやっちゃいましたね。しばらく待った後のティーショットでチョロ・・・グリーン周りでシャンク。。。大噴火してしまいました。

そうそう、ヒカルさんは中でパープレー!すごかったです。なんとかアンダーを出してほしかったですが、8番で足がつったとか。。。
でも、すごかったです。おめでとございます。

次回は体調に気を付けて頑張るぞ!

ヒカルさん、としさん、」今日も楽しいゴルフをさせていただきました。ありがとうございます。

 

カテゴリー: クラブ, ラウンド | 10件のコメント

■ALBAさんの試打会

DSC_0283

行ってきました。夜来の雨もようやく上がり、台風ののこりの風がかなり強かったです。

鹿又さんが講演をされるということもあり、とても楽しみにしていました。

10:30ころにヒューマンについて、まずは練習の受付。その後、ちょうど鹿又さんの1回目の公演中だったので、試打の受付も済ませました。今回は予約制で、各ブース一人15分間隔で予約します。
2回目の講演が12時からなので、11:30に三菱さん、11:45にフジクラさんを予約。
DSC_0284

明日はラウンドのため、今日は軽くアプローチを中心に練習していました。打席番号を連絡しておいたので、11時過ぎに鹿又さんが来てくれました。あまり馴れ馴れしくするのもはばかられるので、ちょっとご挨拶して後で試打することを伝えておきました。

時間になって、1回の試打席へ。
DSC_0287
まずは三菱さん。希望を聞かれましたので、50g台のRフレックスを中心に打たせてもらうことに。新しいDFからです。

う~~ん、これ振りやすいです。元撓りが心地よく、タイミングが取りやすいです。そして、掴まえることも割と簡単でした。途中でSRに変更。こちらのほうがバラけません。続いてBF。50RはテーラーのM1で最長距離を出せた記憶があります。しなやかで振りやすいです。次は鹿又さんお勧めのRFのSR。やっぱりすごく簡単にスイングでき、掴まります。ダブルキック合うんですね。

で、フィッターさんから『ちょっと散らかるのでSを打ってみましょう。』ってことで、硬いだろうな、と思いながら打ちましたが、いやいや、しっかり撓りを感じて中央に集まってきます。7~8mくらいの右目からのアゲンストなので、落ち際からかなりフックしますが、織り込み済みです。
『これくらいの硬さがあったほうが合いますね。』ってことで、DFの50Sも打ちました。おお、SRよりもいい感じです。
『じゃ、これも』ってことで、50Xにも挑戦。さすがにこれは・・・と思っていましたが、なんと、糸を引くような打球が連発します。

あらら・・・こんなことがありますか?って思って、丁度そばに鹿又さんがいたので、見てもらいました。

『おお、素晴らしい、全然OKですね。苦しそうなところは一切ありません。』
後でRS-Fに変えたことを話したら、『硬いほうが芯に来る確率は上がりますからXでもいいですが、RS-FならSで丁度のような気がします。』という評価でした。
このあとKUROKAGE XTやFubuki Vも打ちましたが、今一でした。あ、Diamana Xも打ちましたね。これは以前にも何回かレンタルで打ちましたが、低トルクのためかSRでも硬く感じます。

素晴らしい試打でした。

続いてフジクラさん。同じく50gのSRあたりから打ちました。まずは新しいSpeeder Evolution Ⅴからです。ううう、、、これは手元が硬く感じ、先が走って引っかかります。期待してたんだけどなぁ・・・次はEvo4。これはいい感じでした。でも普通かな・・・Xanaduから替える気にはなれませんでした。そして、Evo TR。まさか、プロが使うようなシャフトは・・・と思っていたら、これがドンピシャハマりました。ラウンドご一緒した方はお判りでしょうが、私、時々右に吹かしてスライスするんですね。(石狩平原の南4番でよくやっちゃうやつです。)ところが、これは「吹かした!」と思っても戻ってくるんです。驚きました。Speederの中では一番手元調子だそうです。コスメもかっこいいし、気に入りました。

SpeederTR

いや~~素晴らしい!TRはSRフレックスがないので、Sでした。

ひょっとして、今まで柔らかいのを使いすぎていたのかもしれません。(それが原因でFWキープ率が下がってる?)

ここで、試打は中断して講演へ。

6人くらいしかいませんでしたが、突っ込んだお話を聞けて大変有意義でした。

一番納得したのは、シャフトの選び方です。

今のスイングに合わせるかどうかです。例えば普通に打っていてフェースが開いてあたる人は、練習をしていると右にいかないようにスイングを調整していきます。上手くインサイドから打つように治していけるといいのですが、体を開いてフェースを真っすぐにコンタクトするようなスイングになってしまうことがあり、掴まるヘッドやシャフトを好むようになります。それが実はまずくて、アウトサイドアタックの軌道を助長させてしまうことになります。
これからスイングを治していこうと思う人は、逆に求めるスイングに対していい結果が出るクラブを選ぶべき、ということでした。

球が高い人はいたずらにロフトを小さくするより、多めのロフトにして、それで上げない練習をするほうがいい、ということにもなります。

なるほどね。私も同じようなことを考えていました。

私の例で行くと、DiamanaRFは現在のスイングに合ったシャフト、DFは求めるスイングに合ったシャフト、SpeederTRはその両取り、という感じです。

あと、ヘッドの重心のお話も面白かったです。

講演のあとは日本シャフトさんとUSTMamiyaさんの試打です。
日本シャフトさんではRegioシリーズを3本打たせてもらいました。
Mからです。これは手元が硬く引っ掛けが多発。MBはまずまず。さいごにFormulaBです。元調子で先が硬いやつでしたが、一番タイミングが合いました。飛距離的には?でした。跡はアイアンのシャフトです。思ったより120(S)がいい感じでした。

最後はMamiyaさん。新しいThe ATTAS。癖のない中調子。ちょっと重く感じました。
次はCoool。先が走ります。手元が硬いので、ヒッカケ続出。Panch、今度は元調子で、Cooolのあとに打つと空振りしそうなスイングになってしまいました。。。この2本は極端過ぎました。結局The ATTASの40g台が一番合いそうでしたが、打球は弱い感じがしました。maoぷ~に合いそうな感じでした。

まとめとしては、こんな感じ。

◎Diamana RF50(S)または(X)
◎Diamana  DF50(S)
◎Speeder 569 TR(S)

〇Diamana X50(SR)
〇Speeder Evo4 569(SR)
〇Regio Formula B(S)

△Diamana BF50(SR)
△Regio Formula MB (S)
△The ATTAS5(S)または 4(S)

×Fubuki V(SR)
×Speeder Evo V(SR)
×ATTAS Coool 5(S)
×ATTAS Punch5(S)

帰りにティーやら、カタログ、それに抽選でロゴ入りのボールペンをいただきました。
ALBAの人ともお話ししましたが、来年またやる予定だそうです。

シャフトって、ほんと、打ってみおないとわからないですね。今回は各メーカーの人でも、ツアーに同行するようなレベルの人が多かったそうで、プロの目で見てもらえる貴重な体験になりました。

明日はランドだというのに、ちょっと打ちすぎてしまいました。。。大丈夫かな???


 

番外ですが、M4のヘッドの良さが分かりました。三菱さんではテーラーのヘッドでした。M4での試打でしたが、今までのイメージとは違って、結構掴まりがよかったです。以前は右に滑る球が出ていましたが、そんなことはありません。
途中でM3でも打ちましたが、こっちはやはり重いです。M3はオーバースペックだったんですね。。。

カテゴリー: クラブ | 2件のコメント

■これか~!

アイアン下手なわけです。。。インパクトで手首がフリップしてフォローで左肘が抜けてしまいます。

左の写真ですでに右手首がフリップして右の写真では左手首が甲側に折れています。
結果フィニッシュ前ではこんな感じ。
I_inpact3

ドライバーならまだましになります。

D_inpact_3

腕のローテーションをもっとしっかり練習しないといけないかも・・・

 

カテゴリー: 練習 | 4件のコメント

■気持ちよくスイング

できるようになりました。

道具コロコロ換える象なのですが、気持ちよく振れるシャフトにこだわりがあります。

覚えたての頃は、アウトサイドインのスイングでスライス気味のボールを打っていましたので、先調子でスライスを軽減できるシャフトで結果が出ていました。

それからいろいろととっかえひっかえしましたが、スイングがおちついてから、そうですね、Aquaに通って、インサイドから打てるようになって頃から、元調子のシャフトでタイミング合うようになり、一時期DiamanaWやTourAD GPなどが合うようになってきました。

で、チ-ピンというやつに悩まされだしたのも、その頃です。原因を考えながら演習していましたが、なかなか治らず困っていましたが、自分的には振り遅れて手首を強引に返すのが原因ではないか?と思い当たり、三菱ケミカルのシャフトレンタルで、DiamanaBFやRFが結構打ちやすく、自分の求めるスイングに合いそうに感じられ、「そうか、これだな、現在のスイングに合わせるのではなく、求めるスイングがしやすいもののほうが、後々結果が良くなりそうだ」と思うようになりました。

結局、今まででいい結果が出ていたのはダブルキックなんですね。Diamana Ilima、ATTAS 4U、AUGAなどです。

現用のTRPX Xanaduは先中調子ですが、手元の撓りも感じます。やっぱり、飛距離を求めるなら先が仕事をしないとダメなのではないか?そう思っています。

そのXanaduですがM3に入れているときはそんなにも感じませんでしたが、RS-Fに入れてみると結構先が走るんですね。ヘッドとの相性ってのもあるような気がします。

一昨日の試打が気持ちよかったので、今日も夜打ちに行ってきました。

右から3本目の支柱に真っすぐ向いた打席でした。1球目はその目標にまっすぐストレート。2球目は目標に出て軽いドロー。今日は右からのアゲンスト風だったので、多めに曲がっていますが、これでOKです。ちょっと高さが出ていないようですが、コース球ならもっと高さが出るはずです。ほとんどこんな球が出るので、気持ちよくなり30球ほど打ってしまいました。

その後、7番アイアンを打つとこんな感じ。

引っかかりも少なく、タイミング良く打てています。

次回コースでどうなるかは分かりませんが、気持ちよく練習出来ました。このタイミングを忘れないように!

帰りに試打会のポスターが貼ってありました。
DSC_0283

鹿又さんがヒューマンに来るそうです。是非行ってみたいです。シャフトはもう一度Diamana BFと、もしあるようならDFも打ってみたいです。

 

カテゴリー: クラブ, 練習 | 2件のコメント

■PRGR RS-F 10.5°試打

してきました。

その前に昨日、仕事中にヘッドとスリーブが到着していることを確認して、さっさと帰宅しました。

DSC_0267

DSC_0266

DSC_0268

ヘッドカバー、レンチ、保証書までついた美しいヘッドでした。テンション上がります。

スリーブは念のため別の販売先から2個購入。問題がなければKUROKAGEにも装着するつもりです。

で、いざ、装着!と思ったところ、接着剤を切らしている・・・ありゃりゃ・・・急いでカーシェアリングでホーマックへ。無事メタルロックを入手して帰宅しました。

組み上げてみましたが、夏場は硬化が速くちょっと焦りました。猶予は1~2分程度でしょうか。

Xanadu(SR)装着で305g。長さやバランスははっきりしません。M3につけていた時は46インチくらいありましたが、RS-Fでは少し短くなるかもしれません。45.5~45.75位かな?
KUROKAGE SilverTiNiDC(60S)装着で312g、45~42.5インチくらい。


で、今日、ヒューマンで打ってきました。

構えた感じは思ったよりオープンではありません。
DSC_0270

まずは、Xanaduで。いい感じです。ほぼ真っすぐのアゲンストの風が吹いていました。この風の時はネットまでほとんど届かないのですが、綺麗な球ならば何球かネットまで行きます。

KUROKAGEのほうは案外掴まります。それと、打球は上がりますね。

2017では10.5°でもきつかったのですが、2018は上がりすぎるくらいです。スリーブ調整をして、-1°に。9.5°はさすがにきついだろう、と思いましたが、これが結構いい感じ。

GSTも持って行っていたので、計測してみました。

KUROKAGEのデータです。ヘッドスピード39m/s、ボールスピード57m/s、スマッシュファクター1.45、飛距離205~210ヤードくらいでしょうか。

ボールの状態を考えるとこんなものかもしれません。しかし、方向性はいいです。それと芯の広さは感じます。

今度はXanaduに換えてみました。ロフトは9.5°です。

おお!すごいことになっています!!

シャフトが長く軽いのでヘッドスピードは上がることは予想していましたが、こんなに変わりますか?ってくらいのいいデータです。ボールスピードが目標としていた60m/sを越えています。しかも全部。スマッシュファクターも1.5越えがズラリです。やっぱり、初速出ますね。それと、Xanaduとの相性もいいようです。

上の2つのデータはどちらもそれぞれ連続データなので、安定感もありますね。

これがM3のいい時のデータ。今年の3月です。

DSC_0083

やっとこさボールスピード60m/sを達成できた感じです。スマッシュファクターが違いますね。それと、M3ではこのデータが続きません。ほとんど58~59のボールスピードです。

コースボールが何球か出てきましたが、もう、奥のネットの2重部分の上までいきます。

これって、『新車効果』なんでしょうか?長続きすればいいなぁ・・・

次回のラウンドが楽しみです。

カテゴリー: クラブ, 練習 | 4件のコメント

■PRGRドライバー

PRGR RS-Fに替えることを決意した象であります。

きっかけは、M3にしてからあまり飛んでないのではないか?FWキープも昨年より劣るし・・・
GORAの統計によると昨年は58.2%、今年は48.1%。10ポイントも落としているし、ドライバーでのOBは今年のほうが多い気がします。

そんな折、3UpClubで2018RSシリーズの試打評価をやっていました。内容は2017の評価が高い、そんな感じでした。(無料動画なので誰でも見ることができます。)

思い立って、ヒューマンにあるゴルフパートナーさんで何回か打たせてもらい、なるほど、と納得しました。
さらに、先日東京に行ったときにPRGRさんのサイエンスフィットを受講した際に計測クラブが2018RSで、いい感じの振り感だったこともあり、ますます興味がわいていました。

M3との打ち比べでは、RS-Fのほうが軽く感じ、振り感が良かったです。飛距離もどうもRS-Fのほうが出ているように思いました。

こんな動画も気になりました。

EPICやRogueと同じくらい飛距離!

もう替える気満々なところに、いおた。さんが背中を押してくださいました。

しかし問題は資金源。。。まずは現用のTalormadeM3を断捨離、ついでにこの頃使わなくなったシャフト、AUGA5Xも。

これでおいくらになるのか?オークションに出品するのが1番高額になると思われますが、私、オークションは買い専門で売ったことは一度もありません。時間がかかりそうだし、なんとなく面倒くさい・・・

そんなわけで、とりあえず見積もりをしてもらったところ、概ね思った買い取り額が出たので、即買い取ってもらいました。

ネットでいろいろ調べましたが、2017なら2万円台くらいからあるようです。M40装着なら3万円くらい。それでも十分お釣りがくる感じです。でも、そのあたりの商品って、わりと傷が多かったりします。

程度の良いヘッドのみ購入で、シャフトをXanaduを流用するとして、スリーブ脱着に6千円くらいかかるので、大体同じくらいですね。ただし、スリーブ抜きだけなら1千円プラス自分で接着するとしてスリーブが1500円。これが最安です。

2018もあのスポットの広さは魅力大です。しかし、いかんせんまだお高い・・・

ちょっと考えてみました。

2017と2018の比較
2017 2018
飛距離 かなり飛ぶ。1発がある。 かなり飛ぶ。安定性あり。
方向性 悪くはないが、時々右にふかす。 安定する。
弾道 低スピンでやや低め。 若干スピンは入り割と上がる。
寛容性 ややシビア。 芯が広い。
打感・打音 手ごたえはいい。音が大きめ。 感触よし。控え目で締まった音。
価格 安くなっている。3万円くらい。 まだ高価。5万円くらい。

こうやってみると、スコアに結び付きそうなのは2018。差額2万円を安定性に支払うかどうか、という選択になりそうです。(貧乏くさくてすみません。。。)

 

 

 

<<画像は日刊スポーツさんのゴルフ体験主義ブログから拝借しました。>>

そうこうしているうちに、オークションで程度のいい2018を見つけました。ヘッドのみで34000円!

Xanaduをつければ、送料を入れても差額3000円弱です。完成品と違って送料が安いですからね。

ってことで、2018に決めました。到着は土曜日の予定。今日中にスリーブ入れ替えれば土曜日に打てそうです。waku waku。

 

カテゴリー: クラブ | 4件のコメント

■体調不良からの~~復帰!

一昨日、雨に濡れたせいか、夜から熱が出てしまって、今日予定していたラウンドを早々と断念しました。

昨日のうちにヒカルさんにラインをして、やなぎさんに連絡していただいていましたが、今朝起きてみるとまずまず大丈夫な感じでした。しかし、折からの雨・・・やっぱり無理はいけない、ってことでお休みさせていただくことにして、二度寝しました。

私、ここ数年仕事は欠勤無しなんですが、長期のお休みになると決まって風邪をひくという、特異体質!年末年始、GW、夏季休暇などなど、決まって熱が出ます。(なんと仕事熱心なのでしょうか!)

後刻、ヒカルさんに確認すると、やはり今日は中止になったそうです。ちょっとほっとしました。

皆様、ご迷惑をおかけしました。m(_ _)m

ってことで、家でゴロゴロしていましたが、何やらうずうずしてきて、ちょっとお出かけ。最早復活です。

打ちっぱなしはさすがにきつそうだったので、ゴルフ5へ。手稲ではなく、東区役所の近くです。目的はPRGR RS-F2018を打ちたかったからです。

RS-F2017とRS2018はヒューマンで打たせてもらいましたが、大分分かってきました。

RS-F2017は「F」といいながらそんなにフェードはしません。RSノーマルは完全にフックです。ただ、M43(S)シャフトだと弾道が低めなのと、たまに振り遅れて右に出ます。これが嫌なんです。石狩平原南コースの4番と9番でよくやっちゃうミスです。そこで、RSノーマルについているM40(SR)に換えてみると、なかなかいい感じです。切り返しで右肩を残すようにしてフェースローテーションを意識すると、とんでもなくいい球が出ます。右に抜けても大きくは曲がりません。

RS2018はRS2017に比べるとフックの度合いは抑えられます。それと、明らかに芯が広いです。手ごたえだけはほぼ芯を食っている感じがします。あと、打音は金属系で手に伝わる打感は好きな感じです。

そこで、2018のRS-Fを、M40シャフトで打ってみたくなったわけです。

結果は、
・やはり芯は広い
・2017よりも上がりやすい
・打音はちょと締まった音で、打感はノーマルよりも重い感じはするが、当たり負けしている感じはしない

こんなところですかね。肝心の飛距離は、7球平均で230ヤードちょい。高さもまずまず。特筆できるのはばらつきがないことですね。1球引っ掛けてしまいましたが、これはスイングの問題、打った瞬間に分かりました。ロースピンですね。サイドスピンもかかりにくいので、変な捻じれた球が出にくい感じでした。平均230ヤードでヘッドスピード41m/s、ボールスピード59m/sでスマッシュファクター1.43あたり。

これが平均して出ると、かなり楽になります。

すっかり惚れ込んだわけですが、いかんせんまだお高いですからね・・・2017で我慢するか?

2018RS-Fはクラウンがカーボンになっています。これが実は悩みどころなんです。
Wクラウンっていうのは効率よくヘッドをたわませて反発させるのがコンセプトなはずですが、クラウンをカーボンで固めてしまうと、その効果が発揮されにくいのでは?と思うわけです。その分低重心になって高弾道・ロースピンになりそうですが、トレードオフなのかな?

だんだんPingに似てきた感じですね。

 

カテゴリー: クラブ | 2件のコメント