■三菱ケミカル Diamana RF 50(S)

仕事が立て込んでいて記事アップが遅れましたが、1週間ほど前に入手しました。

RF50Sならばオークションで安く仕入れられると思っていましたが、新品の「NOT FOR SALE」が出品されていたので、落札しました。
これって、売ってはいけないんですよね?まぁ、法的な拘束力はないでしょうが。。。
多分試打用のものだと思いますが、なぜに新品で出品されているのかちょっと不思議な感じもします。純粋に組み付けるヘッドがなく余ったから?それともスペック的に規格外になったから?ちょっと心配な面はありますが、出品者が信頼のおけるところだったので、信用することにしました。
到着して重さを量ってみると58.2gでカタログスペックとほぼ同じなのでまずは安心しました。

スリーブにくっつけてみましたが、問題なさそう。ただ、ちょっとだけずれたようで、ロゴが真裏にきておらず、ほんの少し回った感じになってしまいました。裏なのであまり気にすることもないですが、気持ち悪いかも・・・

長さは多分45.75前後、やや長いかもしれません。Xanaduよりは3mmほど短め。ただし重量は2gほど重くなり、307g近辺。あと2mmほど短くしたかったなぁ・・・このあたりの調整は難しいものがあります。バランスはD3.2。

土曜日の夜、初打ちしてきました。振り心地は試打会と同様振りやすく、切り返しで慌てない(力まない)ところがいいです。
夜なので、落ちどころがよく見えなかったのですが、無風状態でほぼネットまで行っていた感じがします。

時々右に抜ける球が出るのですが、余りにも溜めすぎた時のような気がします。掴まりはいいほうですが、左にまく感じではありません。これがRFの特徴なんだな、と思います。弾道は高めにでます。しかしカチャカチャでロフトをダウンさせると、ちょっと変わった感じになり芯に当たらなくなったりします。これくらい上がったほうがいいのかな?それと練習球では若干スピンが入るようにも見えました。コースボールでどう変わるかですね。

気持ちよくスイングできるので、かなりの球数、たぶん120球くらいドライバーショットを打ちまくりました。
Xanaduも初速が出て気に入っているのですが、RFのほうが安定する感じはしました。

グリップにはSTMのM3というのを初めて入れてみましたが、エラストマー系にしてはラバーと変わらない感触で気に入りました。ちょっと細めなのが気になりますが、下巻きで調整できそうです。

次回のラウンドまではまだ少し日があるので、もう少し打ち込んで慣れてみます。

広告
カテゴリー: クラブ パーマリンク

■三菱ケミカル Diamana RF 50(S) への2件のフィードバック

  1. いおた。 より:

    象さんにはRFがジャストフィットでしょうかね。ドライバーのシャフトの長さは僕のMT-6Sも45.7インチくらいです。長くてもこのくらいが良いですね。

    ちなみに前回の北広島ラウンドでは、やなぎさんのVG3ドライバーのシャフトがMT-5S、同伴者の女性のグローレドライバーのシャフトがMT-5R2と言う偶然の一致でした(笑)

    今週末はまたトマム泊であちらのゴルフ場に行く予定ですが、台風が気になります…(^_^;)

    いいね

    • より:

      今日も打ってきましたが、RFはかなりいいです。ジャストかどうかはわかりませんが、逆球が出にくいのと掴まりすぎないのがいいです。ちょっと弾道が高い気はしますが。
      今まで何度かやってみましたが、46.5まで長くするとなかなか当たらないですね。45.75~46くらいがいいように思いますが、そうすると50g台のシャフトがちょうどいい感じです。
      やなぎさんもMTですか!切り返しが速そうなので手元がしっかりしていてもよさそうに思いますが、シャフトは打ってみないとわからないですからね。
      おっと、またまたツアーですか?いいですね。お天気になりますように(~人~)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中