■ヒューマンゴルフガーデン

練習に行ってきました。それと、Nikon80iVRを持ち込んで正しい距離を計測してみました。
human

打席は屋上の左から2番目。

まずはピンAから。
ピンA:40.2ヤード、打ち下ろし9.7ヤード
ピンB:102.4ヤード、打ち下ろし7.4ヤード
100看板:100ヤード、打ち下ろし8.6ヤード
ピンD:134.0ヤード、打ち下ろし4.4ヤード
150看板:135.8ヤード、打ち下ろし6.6ヤード
ピンC:173.2ヤード、打ち下ろし3.0ヤード
220看板:189.1ヤード、打ち下ろし2.2ヤード
最奥のネット支柱:197ヤード
距離は水平距離なので、どこの階からでも同じだと考えていいと思います。打ち下ろしについては、ピンの場合はフラッグ近辺で計測、看板は地面のちょっと上くらいで計っているので誤差があります。1階と屋上では5ヤードくらいの高低差があると思います。

こんな感じでした。70ヤードの看板も図りましたが、これも70ヤードジャストくらいでしたので、100ヤードまでは実測値と同じくらいですね。ちなみに右奥の支柱も196ヤードで最奥とほとんど変わりませんでした。これは打席のアングルによるものでしょう。

100ヤード越えからは1割ほど短く、さらにその奥は13~15%ほど短いようです。奥のネットに当たる打球ならばキャリー200越えみたいな感じです。

ヒューマンで旗や看板を頼りに把握している距離と、コースでの飛距離の比較では、スピン量や高さは違ってもキャリーははほぼ同じで、FWやドライバーは若干ヒューマンのほうが飛んでいる、みたいに思っていました。概ね正解のようですね。

アイアンの調整ですが、ちょっと振り心地が軽い感じで、撓りを感じられなかったので、やっぱりD0は軽いのかな、とおもい、2.1gの鉛を2枚貼ってみました。これで感じはちょっと変わりました。芯に来る感じとインパクトが厚く感じられるようになり、なかなかいいのですが、見た目がカッコ悪くなりました。ショットは安定しました。
DSC_0122
8番アイアンで5球のショットマークです。最初の1球はヒールの下目に当りましたが、あとはほぼそろっています。もうちょっと先気味に当たらないかなぁ・・・ほんの5mmでいいんだけど。
6番アイアンまで打ちましたが、高弾道でしっかり打てたのは収穫です。5番が打てればUTのセッティングが楽になるので、次回は確認したいと思います。

ユニ東武で思わぬ不調だったドライバーですが、今日は普通に飛んでました。

フォローの風だったので、奥のネットまで何発も届いていました。Xanaduは球にフカしてしまうのですが、右ひじを絞ってしっかり掴まえに行けば大丈夫かな、という感触は得られました。AUGAならば、右はほとんど怖くなく、たまにフックになるところがありますが、Xanaduでは掴まっても頑張ってくれます。どっちがいいのかは難しいところなんですが、その日の調子次第で替えていくのもありかもしれません。

次回のラウンド予定は22日です。もうちょっと時間の余裕があるので、最後の詰めをやっていきたいです。

 

 

広告
カテゴリー: クラブ, 練習 パーマリンク

■ヒューマンゴルフガーデン への4件のフィードバック

  1. ヒカル より:

    おお!
    確かにレーザー距離測定器だと練習場でも距離が測れるので良いですね!!
    距離が少し調整されているのは、レンジボールだとそこまで飛ばないからなのでしょうかねー。
    もしくは、お客さんを気分よくさせるためとかwww

    今度山鼻に行くことがあれば奥まで何ヤードか確認できればwww

    アイアンの芯は少しヒール寄りになると聞いたことがあるので、象さんのインパクトマーカだと真芯なのかなーとか思ったりしますが、どうなんでしょうかね。
    まぁアイアンによっては位置は変わるかもですがwww

    シャフトの2本体制も良いですねー。
    気温によっても少し変わりそうですものねー。

    次回、よろしくお願いしますー!!

    いいね

    • より:

      距離の割り増し?比率が変えてあるので、かなり上手な人の実測の結果のように思いました。普通ならば一律10%増し、みたいにするでしょうからね。

      山鼻ですね。了解しました。行く機会があったら計ってみます。てか、22日帰りにお貸ししますので、山鼻やら山の手やら計ってみたらどうですか?

      この頃のアイアンは重心距離が長めになっているので、あと5mmほど外に当てたいです。RMX116までならこの位置でバッチリだったと思います。出玉的には方向、曲がり、スピン全部OKだったので、まぁOKにしておきます。

      朝練できないとつらいですね、シャフト2本体制。いつものプライベートなら、ラウンド中にカチャカチャしちゃいますが・・・

      こちらこそよろしくお願いします。

      いいね

  2. いおた。 より:

    なるほど、レーザーは色々な使い方が出来て便利なんですね。

    アイアン、良い所に当たってますね。僕も一昨日のラウンドでドライバーの打点も真ん中か、気持ちヒール下側でも良いと思いました。
    ドライバーでトゥの上側に当たるとフック多発でしたので。地面から打つウッド類も同様でした。

    ドライバーのシャフトは象さんならば実戦ですとスペック的にももう少しカッチリしたシャフトが良さそうな気もしますがどうなんでしょうね?

    いいね

    • より:

      ヒューマンの実距離が分かって、なんだかスッキリしました。本文でも書きましたが、もう少しセンターに打点が寄ったほうが安心です。なんといってもシャンクが一番怖いですから。
      トゥ上はフックが出ますね。でもTwistFaceなら大丈夫!むしろトゥ上でスライスが怖いです。
      私は硬いシャフトは好きではありません。切り返しで力んでしまって、うまく振れません。全体に柔らかい先走り系か手元調子なら少しくらい硬くても行けそうです。
      でも、Xanaduは46.5インチで245cpmありましたから、45インチ換算なら260cpmちょい切り位の硬さですから、そんなに柔らかいわけではないんですよ。
      もう爺ですから、やんわりとスイングしたいです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中