■ちょっと思いついたのでやってみた

私の悪癖の中で、アドレスがボールから遠い、というのがあります。そのため、クラブのライ角はかなりフラット・・・もっと近くに立てないか、とずっと考えていたのですが、近くたつとお決まりのシャンクが出るので、あきらめていました。

このところお試しとして、’14RMX Tourmodelの7番アイアンにmodus105のRを入れてみたのですが、これはライ角60°に調整してもらっていて、他のアイアンよりアップライト(といっても標準からは2度ほどフラット)になっています。
このアイアンを構えるとちょっとだけ近くに立てそうな雰囲気があります。
しかし、シャンクの確率は上がるのであきらめていたのですが、ひょんなことから『腕が遠いのではないか?』と思い、早速試してみました。

Address
左が今日のアドレス、右が今月初めころです。以前はもっとつま先重心だったのですが、今村プロのアドバイスで後ろ気味に構えています。それも相まってかなり(自分では)近く立てる感じです。肘まで腹に触れるくらいに手元を引き付けています。

で、効果は?

これがものすごく効きました。シャフトが軽いのもあって、ヘッドスピードも上がりますし、芯を食う確率がかなり良くなってきました。

こんなデータがずらりと並びます。打感も一変して軟鉄の心地よい振動が伝わるようになってきました。

これで慣らしていきたいです。

ちなみにKBS Tour FLT(S)を入れたほうは、ヘッドスピードが上がりません。もちろん、ボールスピードも。大体ヘッドスピード35m/s前後、ボールスピード45~46m/sで飛距離にして推定7ヤードくらい減です。

シャフトはmodus105かなぁ・・・

 

広告
カテゴリー: クラブ, 練習 パーマリンク

■ちょっと思いついたのでやってみた への2件のフィードバック

  1. ヒカル より:

    お!構え感がかなり良くなった雰囲気ですね!
    三觜さんいわく、肩の下に足の爪先が来るくらいが良いらしいです。
    象さんの構えはそんな感じになっていますねー。

    僕もスタンスの位置をチェックしてみようっとwww

    いいね

    • より:

      アドレス良くなりました?荷重位置も以前のつま先側から踵側に寄せているので、意識としてはちょっと変な感じです。一見窮屈そうに見えるのですが、結果が全然違うので慣れたいですね。

      アドレスは難しいです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中