■ユベオツさんと練習

行ってきました。場所はヒューマンです。

目的は、ドライバーの調整と腕のローテーションの練習です。ユベオツさんは私のAMTのシャフトを試してみたいのだそうです。

この頃自分で左肘の抜けが気になりなおそうとしていました。で。気が付いたのは腕のローテーションです。いわゆる『ヘッドの返し』なんですが、いままでもそれなりには返っていると思っていたのですが、多分アンコックと同時にヒンジングというか、フリックというか、左の手先を手のひら側から手の甲側へ折っていく動きがあるようで、インパクトで詰まったりヘッドが上を向いたり、安定していなかったようっです。そして、それが左肘の故障につながったのかもしれません。左手を甲側に折るとどうしても左肘を抜かなくては耐えられません。それが自然な動きなのでしょう。

つい最近の動画です。画質が悪くてすみません。

結果は悪いショットではないのですが、フォローで左肘が抜けいています。

ローテーションってどうすればいいのかを考えていました。自分なりの結論ですが、『左手の甲を下に向けていく』ってことになり、それなりに練習していました。結果的にフォローで両前腕がくっつく意識でも上手くいくことがありました。それで分かったことはローテーションさせてフォローでクラブヘッドが下を向くくらいになっても引っかからないということです。むしろフェードが出ることもあります。
昨日武藤プロに聞いてみました。
『ヘッドを返すと引っかかると思ったのですが、むしろひっかからないですね。返し方が悪いのでしょうか?』
『いえ、それが正解です。引っかかるのは右の手首が伸びてフェースに球が乗った時です。正しいローテーションは右手首の角度が変わらずにフォローまで行く感じですよ。』

といって、グリップを押さえてくれて動きを教えてくれました。

そっか~~、右手首を伸ばさずに右手のひらを下の向けていく(または左手の甲を下の向けていく)といいのか!
ってことで、スピードを落としてしばらく打っていました。

こんな感じで、フォローでの左肘の抜けがなくなってきています。右手首の角度もいいようです。

1501990778323

同じショットではありませんが、ローテーションはこんな感じです。
1501990378120

これを外で打ってみたかったのです。

結果は、良好ですね。引っかけフックがなくなり目標に向かって飛んでいきます。ほんの少しフェードすることもありますが、コースボールなら問題なくストレートでしょう。

さて、ドライバー。ソールのフロント側に3gほど鉛を貼ってみましたが、あまりかわりはないですね。M1のようにウエイトが動くタイプのほうが違いが分かりやすいです。

やっぱりM1が欲しい!


ところで、ユベオツさんのスイング、さらに進化していました!

AMTのシャフトは気に入ったようで、『6番ってこんなに易しかったですか?』という反応。まさに私と同じ感想でした。5番も4番も打ってもらいましたが、4番でもなんとか使いこなせそうなショットを打っておられました。

軽く右に出て、ドローしてくる素晴らしい球筋で、DGよりもAMTのほうが簡単に高弾道な球が打てるようです。フレックスもAMTのほうが柔らかいので、ユベオツさんならX100でしょうね。

最後にちょっとドローがきつそうなので、右手グリップをもう少し浅く上から握って試してもらいましたが、ストレートからスロードローの球筋になっていました。
本番ではそんなにフックしないとのことなので、あまり気にすることはないと思いますが、もし悩みだしたら思い出してください。

今週末からお盆ラウンドで、11日はユベオツさん、ヒカルさんご夫妻と石狩平原、14日は娘maoぷ~とちびパパさんと雉が森の予定です。雉が森はまだ1名空きがありますので、どなたかお時間取れる方がいらっしゃったらご一緒しましょう。

 

広告
カテゴリー: 練習 パーマリンク

■ユベオツさんと練習 への4件のフィードバック

  1. ユベオツ より:

    先ほどはありがとうございました。

    いやー、DG AMTのシャフトは素晴らしいですね! 5~6鉄があんなにやさしく打てるとは…。しかも、ふつうのDGより高弾道が出てビックリでした。4鉄でもティーショットならラクラクですし、もう少し打ち込んで慣れれば、地面でも使えそうな印象でした。ドライバーはともかく、まさかアイアンもシャフトでこんなに変わるとは、目から鱗です!

    そして、このところ急降下のドライバーのスイングチェックまでしていただき、本当に助かりました。特にスイングに問題はないようですので、この不安定さはクラブとの相性なんでしょうねぇ…。さすがに今シーズン中はもう無理ですので、シーズンが終わったらじっくりいい相棒を探してみます。

    グリップのことも、フックがきつくなってきたときには象さんのアドバイスを思い出して調整してみますね。

    ぞれでは、来週末のラウンドでご一緒できるのを楽しみにしております!

    いいね

    • より:

      こちらこそ、送迎までしていただいて申し訳ありません。ユベオツさんの素晴らしいスイングを見せてもらい、まだまだ練習しないといけないなぁ、と感じました。
      AMTいいシャフトでしょ?DGが合う人ならこちらのほうが使いやすいと思います。ウエイトフローに慣れる必要はありますが、必要以上に気合を入れなくても打てるところがいいです。

      ドライバーのスイングは問題なく、シャフトやヘッドの問題だと思います。私が打ってもキャロウェイはチーピンっぽくなります。
      ドラの相棒探しは今時期の振れるときのほうがいいと思いますよ。冬になると振れなくなるので、またアンダースペックの奴を選んでしまうかもしれません。探すだけ探しておいて、傾向をつかんだら来シーズンに向けて買い替えるなどどうでしょうか?
      深重心のやつと浅重心のやつを打ってみてヘッドの傾向を探って、シャフトはDGに合わせて手元がゆるいものを組合せる、とか。。。

      11日、よろしくお願いします。

      いいね

  2. ヒカル より:

    おー、練習会ですね!
    しかしアイアンもシャフトによって難易度の変化があるとは新しい発見です。

    スイング、手首の動きが大事そうな感じでしょうかね。
    僕もやはり引っ掛けが多いので、オフシーズンなどではその辺りもチェック&改善していきたいですねー。

    11日、よろしくお願いします!

    いいね

    • より:

      AMTは素のDGより半フレックスぐらい柔らかい感じです。ウエィトフロー/キックポイントフローなどもありますからね。
      以前DGSLを入れたことがありましたが、こいつは軽くなって振動数がほぼ同じだったので、すごく硬く感じました。軽くすると柔らかくしないとフィーリングが変わるということでしょうか?
      ヒカルさんもフリックしているかもしれませんね、あの超高弾道をみると。。。
      私も左ひじの抜けは今冬の課題にしようと思っています。
      11日、台風それますように!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中