■DG AMT試打しました。

早速Aquaで打ってきました。

結果から言うと、これ、大当たりの予感です。

コーチもビックリの安定感です。引っかかりも少なく距離がばらつかない感じです。

まずはPWから。重さを感じながら身体ならし。タイミングはいい感じです。

8番に持ち替えました。データはこれです。
0708_i8
ミスショットを除くとキャリー125~128ヤードくらい。この打席は『飛ばない打席』なので、こんなもんでしょう。球が替わって実際の距離は5ヤードほどプラスだと思います。

続いて6番。これ、楽です!丁度コーチの津川君が見に来てくれました。
『あれ?またクラブ替えました?』さすがよく気が付きますね。リシャフトしたことを話すと、
『初めて見ました。これ、合うんじゃないですか?いい音連発していますし、引っかかりがいつもより少なくないですか?ほとんど真っすぐですね。』
『打ってみます?』と勧めて試打してもらいました。重量フローなので8番アイアンと6番アイアンを数球打ってもらいました。
『これ、僕、好きです!ロングアイアンがいいですね。僕はフッカーなので、こういうバランスが打ちやすいです。』って、6番で195ヤードとか打ってました。。。すごい、さすが今年プロテスト受けるだけのことはあります。

私も6番を打ってみると、若干掴まりが悪いのですが、結構掴まえに行ってもいいようですね。ヘッドを返すようにすると、ストレートになってきました。こんなに簡単に6番を打ったことはなかったと思います。次回は5番も打ってみます。

そして、7番に戻しました。

これが昨日のDGS200の結果です。(7番だけS200がはいっていました。。。)
1499591434773
これもなかなかいいデータののですが、赤四角囲みのところを見ると、程度はひどくはないですがほとんど引っ掛けフックです。
そして、これがAMTにした今日の7番。
0709_I7
右に打ち出せるようになっています。右に出て軽くドロー。今までずっと思い浮かべていた球筋がかなりの確率で出ています。

これは嬉しかったですね。操作しやすいんです。シャフトの動きを感じやすくて、若干アンダーから入れてきて、インパクト後にフェースを返すような操作に、シャフトがちゃんとついてきてくれる感じです。こんなシャフトは今までなかったですね。強いて言うならC-Taperかな。スティープにヘッドが入ってくる感じがします。

練習が楽しくなりそうです。

 

今シーズンはこれで行けそうな気がします。バックスピンが多い感じもしますが、これはボールとロフトで何とかなりそうなレベルだと思います。

秋にはYAMAHAの新しいシリーズが発売になるし(多分)、HONMAのTW737 Vsも気に入っているし、地クラブでちょっと気になるアイアンもあるので、AMTに慣れながら考えることにします。

それと、TourIssueも気になりますね。今までの経験からTrueTemperはノーマルでは誤差が大きいので、個体差が少ないTourIssueのほうがいいなぁ、と思っていますが、何分このシャフトはノーマルでも4000円くらいしますので、かなりお高くなるのがネックです。
日本シャフトで同じようなの出してくれないかなぁ・・・

AMTはひょっとしたら個人差によって評価が分かれるのかもしれません。合う人、合わない人がはっきり分かれるようにも思います。ロングアイアンの軽さと弾き感、ショートアイアン重量と粘り感の評価が分かれそうです。
私は1球ごとにクラブを変えても問題なく打てましたし違和感もありませんでした。

広告
カテゴリー: クラブ, 練習 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中