■シャフトとかボールとか・・・

明日は娘のmaoと久しぶりのラウンドです。もう一人はAquaのフロント譲で、いつも空き時間に練習しているI☆Landちゃん。

コースはちょっと遠出して早来のアロハカントリー早来。明日は子守を任せられるので、いつもいけないところに行ってみたい、とのリクエストから選択しました。私も行ったことはないのですが、口コミではまずまずのようです。値段が手ごろなのが一番の決め手ですけどね。


先日HONMAのTW737VのDG AMTが入ったやつをレンタルしてラウンドしましたが、タイミングは取りやすく、課題だったトップボールが出にくかった感じがします。

私はDGのR300でゴルフを覚えたこともあり、あの独特な手元しなりが染みついているのかもしれません。以降、いろいろと試しましたが、良かったのはKBS C-Taper(R)、modus125(R)、そしてつい先日まで使っていたVizard95(S)と、全て手元調子。

今年になってからVizard95でまずまずよかったのですが、トップが出るようになりました。これは、重量が軽くなったからかな?と思い、modus105(S)を試打させてもらいました。これは、軽いうえに手元撓りなので、とっても振りやすい印象でした。ところが、練習でもトップ気味に入ることが多く球筋が安定しなくなりました。そこで、目を付けたのがDG AMTです。

今日、Aquaで軽く練習をしました。クラブは最初に購入してリシャフトを何度も繰り返した’10YAMAHA inpresV forgedで、シャフトは最初から入っていたDGR300。やっぱりタイミングが取りやすいんです。今日は武藤プロ。前後の距離を合わせるのが難しい、という話をしていて、なるほど、と思ったところがありました。フェースの立て方と、入射角につきると。。。まぁそうなんでしょうが、それが難しい。プロでさえ難しい、ということなので、これはとりあえずあきらめることにしました。
それから、ボールの話になり、『どうも、BSのボールでいいスコアが出たことがないんですよ』というと、『ああ、それは正しい判断だと思いますよ。感覚的なものであっても、正しいはずです。』ってことで、今後もダンロップ系を使っていくことにします。
こんな話もしました。『自分がアマチュアなら、アゲンストでディスタンス系、フォローでスピン系という具合に使い分けますけどね。』
おお、その手があったか!!
『ZStar XVってスピン系ですか?』
『そうですね、少しディスタンスにも振ってあるけど、スピン系でしょうね。』
『じゃ、ディスタンス系ってどんなボールですか?』
『かった~~いやつです。ピナクルとか。安いボールに多いですね。』

明日のゴルフのためにボールを補充したくて、その足で二木ゴルフにいったわけです。
見つけたのがこれ。
1498891770995
最近のディスタンス系は柔らかくなっているようです。コアが柔らかいほうが距離が出て、カバーが柔らかいほうがスピンがかかるのだそうです。
このボールはコアが柔らかくて、カバーがアイオノマー樹脂で硬くなっています。どうやら、私が探していたタイプと合致するようです。値段もお安く、ZStarXV4個分で1ダース買えます。カラーボールは4色セットになっていました。イエローだけでよかったんだけど・・・

そうそう、ヒカルさんのブログでも紹介されていましたね。

ついでに、アイアンを試打させてもらいました。TW737VsとP、それからPingのi200.シャフトはmodus105(S)とAMT(S200)です。

Pにmodus105.ヘッドがちょっと大きめなのが違和感がありました。ショットも今一。その後にVsにmodus。これは構えやすくて、いい当たりが連発します。
i200にmodus。顔つきはいい感じです。構えやすさもOKですが、打ってみるとアレッ?っていうくらいダフリ気味になります。何球か打って、いいタイミングで振っているにも関わらず、インパクトと同時にマットに当たる感覚。ジャストなダフリですかね。よくよく見ると、バンスがかなりついていて、アドレスするとリーディングエッジが結構浮いています。
これ、実戦では刺さらなくてよさそうですが、練習場では打つのがいやになりそうです。
最後にVsにAMTを入れてもらいました。ちょっと重く感じましたが、105の後だったからかもしれません。ショットは一番安定します。距離的にはmodus105のほうが出るのでしょうが、多分ナイスショットが引っかかると感じました。modus105はDGに似ている、と言われますが、インパクト前からちょっとはじく感じがします。戻りが早い、というか、気が付いたらもう球に届いている、そんな感じです。
modus105を使うなら、番手ずらしするか、Rにするかして、撓り戻りを遅くしたほうが合いそうな気がします。
AMTはS200でも行けます。ただ、重いので飛距離は期待できないのと、スピンが多めに入るのが気になりますが、ストロングロフトのVsならばそれを中和してくれるのではないかと思います。

広告
カテゴリー: クラブ, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中