■今シーズンのスタッツ分析と反省

ここまで5ラウンドしました。第2戦、第3戦は100叩きをやってしまいましたが、ここ2戦はスコアがまとまってきました。やっと冬練の効果が現れている感じがします。

この2戦の分析をしてみて、今後の課題を見つけてみようかな、と思い立ちました。

まず、どんなスタッツがあって、スコアアップにつながるのはどんな項目なのかを調べていたところ、「ゴルフ総合研究所 HM」というサイトにこんな表がありました。(以下はその数値をお借りして、ちょっと表示を変えてみました。)

stuts

stuts2

目指す数値はHDCP9のレベルです。

そして、このところの2戦の内容はこうです。
stats3

パーオン数はとりあず3分の1の6ホールを目指していたので、一応達成しましたがシングル入りには8つが目安になるんですね。ハーフなら4。これは今回達成していますので、(中4、南2)両方4つ以上を目指します。

FWキープもOKですね。もうちょっといける気がします。むしろ、飛距離が足りないので、10位ないといけないのかもしれません。

パット数も「角パター」にしてから、ショートパットを安心して打てるようになってきたので、数値共々合格でしょうか。

決定的にまずいのはリカバリー率。これは、パーオンを逃したホールでパー(またはそれ以内)で上がることのできる率です。
要するに、寄せワンパーを取れるか、ということなんですが、いわゆるショートアプローチにならないケースが多いように思います。バンカーの内側またはエプロンあたりからなら寄せられるんですが、バンカー、あるいはバンカー越え、30ヤード以上のハーフショットでは寄せる自信がありません。
これが問題で、ショートアイアン(7番以下)でパーオンを狙える場合は大体いいのですが、それよりも遠い距離ではミスが多く、『寄せワンゾーン』に持ってこれないのが実情です。

目標が見えました。それらの距離からのショットと30~60ヤードのアプローチを徹底練習しなければいけないですね。

 


 

この頃のミスショットの傾向を考えてみると、どうもトップが多いように思います。軽いトップはラッキーショットになることが結構あるので、それで助かっている面はありますが、長いクラブなら球が浮かずに飛距離が出ません。

ちょっと考えてみると、このトップのミスは昨年カーボンシャフトの軽いアイアンに換えてから起こりだしたように思います。昨年の春先はmodus125というDG並みの重いシャフトをアイアンに入れていました。

この頃肘も良くなってきたので、もう少し重いシャフトにしてみようかな、などと考えています。
今日用事で街にでたので、HONMAのショップに寄ってみました。TW737Vsのヘッドに何種類かのシャフトを刺して試打させてもらいました。

まずは同じカーボンのVizard105のS。悪くはないですが、ちょっと球が掴まりません。切り返しで撓りが感じにくいからだと思います。さすが谷原プロも使っているシャフトは手ごわかったです。
次はmodus。店の人が120のSだということで打っていました。これいい!ビシッと芯に来ます。打点は真芯よりちょっとネックよりなんですが、キャリー143ヤード出ています。ウォーミングアップ無しでのショットなので、上出来です。若干引っかかるのはスタンスの向きのせいだと思います。Vizard95でのナイスショットと変わらない飛距離と高さが出ています。
あれ~?modus120ってこんな感じだっけ?もっとまったりした感じで柔らかくてタイミングが難しくて飛距離がでない印象だったのですが。。。
次はDGの新しいやつでAMT。このシャフトは短くなるほど重くなり長くなるほど軽くなるウェートフローシャフトです。7番で112g、DGより7gほど軽くなります。あとは1番手毎3gほどフローします。
ちょっと重いかな、と思っていましたが、振ってみるとそんなに変わりません。これもいいデータが出ていました。ドロー目で高さも十分。手元撓りも私好みです。

で、もう一本のmodusを。。。あれれ、こちらが120!さっき打ったのはmodus105ということが判明しました。そうでしょう、そうでしょう。かなりシャキッとしていましたもの。
120を打ってみたところ、やっぱり柔らかくグンニャリ感があって、出球もかなりきついフック。。。これはいけません。つかまりすぎます。。。

modus105(S)とDG AMT(S)ではほとんどトップは出ません。Vizard105ではミスショットはトップが出て、若干掴まりが悪い感じです。

今のまま使い続ける?リシャフトする?それとも、下取りにして買い替える?またまた悩ましく、楽しい(?)選択になりそうです。

広告
カテゴリー: クラブ, 未分類 パーマリンク

■今シーズンのスタッツ分析と反省 への2件のフィードバック

  1. ヒカル より:

    おお、HDCPとのパーオン率などの関係の数値はかなり参考になりますねー。
    僕もちょっと自己分析してみようと思います!
    ただ、FWキープ率はあまり自信が無いかなぁwww

    シャフト選び、楽しそうですねーwww
    ちなみに、modus120ですが、Xだと多少はシャキッとする感じなのですかねー?

    いいね

    • より:

      必ずしもこの通りではないでしょうが、目標値としてはいいのかも。ボギーオン率も自分では計算していますが、その指標が見つかりません。。。ヒカルさんの毎回のスタッツを参考にさせてもらっています。

      120はXでDGのSくらいの硬さだといわれています。ヒカルさんならTXでしょうね。シャキッとするかどうかはわかりませんが。。。
      それより125のほうがいいですよ。こいつはDGより少し硬い感じなのでXでよろしいかと。ちょっとはじく感じがあります。
      その他では島田シャフトのK’Sは硬いですね。シャキッとしまくりです。ProjectXっぽい感じです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中