■M-Tracerをレンタルしてみた

EPSONから発売されているスイング解析ツール「M-Tracer」がレンタルできることを知って、早速借りてみました。
としさんやヒカルさんが所有しているのとよく似たスイング解析ツールです。シャフトに小さなセンサーを取り付けてBluetoothでスマホにデータをおくって、アプリで解析する、というシステムです。

昨日のコラソンにも持ち込んだのですが、今一使い方というか最初のセットの方法がまずかったのか、変なデータしか取れませんでした。
そこで、今日はしっかりマニュアルを読み込んで、インドアへ行ってきました。

最初のセットが難しく、アドレスをとってシャフトを上から見て垂直になるように、フェースは目標ラインと直角に合わせて2秒ほどじっとしていると音が鳴って画面が切り替わります。
その後はワッグルしてもかまわなくて、準備できたらスイング開始。

ルーティーンがいつもと違うので慣れるまではなかなかうまく打てなませんでした。

データを同期してPCの解析ページで見ました。
まずは総合。
m-tracer01
ヘッドスピードはかなり低めに出ます。GSTの計測より3mくらい低めでしょうか。
ストレート70%、プッシュアウト20%、プッシュドロー10%の割合です。
フェース角3°ほどオープン、クラブパスは4°ほどインサイドアウト、アタック角ダウンブロー1.2°。

分かりにくいのがナチュラルアンコック。これはグリップの減速を表しているようです。プロのデータを見るとインパクト付近でかなり減速しています。30%以上、50%近くの数値が出るようです。
それから、回転はスイング中のフェースの開きの平均度数で、20°はかなりいい数値のようです。

m-tracer02個別ショットのデータです。薄い青のラインに上がって紺色のラインで降りてきます。
視点を後ろからに変更できます。オレンジがVゾーンです。(トップ-切り返し直後-インパクト付近)
m-tracer03
あと、上方からにも切り替えられます。

ナチュラルアンコックです。一番上が私で10.8%。2番目が木戸愛プロ20%、下がイ・ボミプロ44%。
m-tracer07
グリップスピードの頂点がインパクトから遠いほど、つまり減速が早いほど手元が止まってヘッドが走る、そんなイメージですね。

これがクラブパス。
m-tracer06

他のデータ詳細もありますが、割愛して、診断ページです。
m-tracer08

Vゾーンはこんな感じ。Bに上がってDに降りてjくる、まあまあ合格ですね。
m-tracer09

大きく減点されているのは『スイング効率』頑張っているのに飛ばない、端的に言うとそういうことでしょうね。
これはナチュラルアンコックの数値を上げるように練習せよ、ってことでもあります。

これも下の『チャートの解説』ボタンを押すとこのように説明が出ます。
m-tracer10

さらにレッスンボタンで、練習方法まで出てくる、という親切設計!

何となく、ここまでの改造はうまくいっているようで、この先は、アンコックのタイミングやその方向などを治していけばさらによくなる、そんな予感がする計測結果でした。

ただ、このデータがいつも出るわけではなく、70点台になったり、完全なミスショットでは50点を割り込むこともあります。50点を切ると「初心者」レベルになって70点台なら中級者(90台)になります。丁度私の今のレベルに合ってそうで、笑ってしまいます。

さらに安定させながら上を目指したいと思います。

 

広告
カテゴリー: 練習 パーマリンク

■M-Tracerをレンタルしてみた への6件のフィードバック

  1. awawatiwawa より:

    おお~。
    M-tracerは、なんだかスタイリッシュな感じでカッコイイですね。
    チャートの形がすごいw
    スイング効率が上がると完全に上級者入りですね!

    いいね

    • より:

      コメントありがとうございます。としさんですか?
      Vゾーンはたまに100点が出ます。それとシャフトの回転がちょっといびつで、平均値はいいのですが、ハーフウエィダウンくらいで開いているようなんです。。。それをインパクトまでに一気に戻して、戻りきらない分オープンになってる、みたいな・・・
      しかし、大きな問題は、やっぱり問題はコックの溜めとリリースなんですね。

      M-Tracer、なかなか使えそうなんですが、お値段が・・・レンタルだと10日で2000円なので、今週いっぱいデータ取って、またしばらくしたら借りてみようかと思っています。

      としさんのほうはいかがですか?

      いいね

  2. いおた。 より:

    こちらはフルミエルより多くの細かい数値が出るような物なんでしょうか?レンタルもあるんですね。面白そうですね。
    一昨日コラソンで久々にヘッドスピード測定したら頑張って40でした…前はGST系で42、3はあったんですけどねぇ。しかも頑張ったせいか腰を痛めてしまいました(笑)

    いいね

    • より:

      フルミエルがどんな数値が出るのか知らないんですけど、結構面白いことが分かりますね。昨日は家でパットも計測してみましたが、驚きました。。。こりゃ、入らないはずだ、ってのがわかりました。

      今時ヘッドスピードは出ないですよね。。。私も土曜日GST持っていきましたが、41m/s平均でした。いおた。さんはもっと出るでしょう?腰が悪かったんじゃないですか?

      いいね

  3. ヒカル より:

    M-Tracerはいろいろ細かく計測できて良さそうですねー。
    まぁ、その分、購入するには高価なアイテムになりますが、こうやってレンタルできるとお得かも…!
    どのくらいの期間、レンタルできるんですか?

    いいね

    • より:

      数値はいろいろ出るんですが、セットの仕方というか、最初のフェースの向け方やシャフトを垂直にして認識させるのが狂うと、変な数値が出ることがあります。
      レンタルはパットまで計測できるやつで、10日間2000円です。毎週金曜日に申込受付で、1時間くらいで『受付終了』になるようです。到着は次の週の木曜日で返却は10日後の日曜日です。
      それと、アプリは機械がなくてもダウンロードでき、プロのサンプルデータが入っています。PC版はサイトからブラウザで見れます。
      それと、YoutubeでEPSON公式や非公式の解説動画がわりとたくさんあって、面白いですよ。
      パットも計測できるのはいいですね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中