■maoぷ~スイング改造

トップが高く外に上がっていることを指摘され、自分なりに修正しようとしていたようです。

今日はコナソンで打ってきました。

『トップを低く』と言われるものだから、手元を上げるのを途中でやめていたようで、肩の回り方がすくなくなっていました。低く上げるという意味とその方法をアドバイスしました。
・耳の後ろに左グリップを上げていく
・トップでフェースを開かない

この2点をみっちり練習。
何となく形になってきました。

mao20170204_1
mao20170204_2
Vゾーンに収まりだして、手元の浮き上がりも解消されているようです。
今までになく高弾道の球が打てるようになり、球が掴まりだしました。

ただ、ドライバーは掴まりすぎてフック系統になってきたのが困りものですが、JetSpeedのカチャカチャをいじれば治るかもしれません。

 

広告
カテゴリー: 練習 パーマリンク

■maoぷ~スイング改造 への4件のフィードバック

  1. まおぷー より:

    おてて、だいぶ改善\(^-^)/
    あと上手に肩ねじれたら頑張らなくても球がとんでくので、ねじるのがんばる!

    いいね

    • より:

      おお!いいね、いいね!!
      現場でもかなり良くなっているのが目視できたから、静止画にしてライン入れてみたら、大違い!
      これである程度固めて、左肘の抜けを治せばかなりいい線いけるはず。
      毎回確認しながら打つようにね。
      ねじるときに頑張りすぎると軸が右にずれる傾向があるから、左肩をあごの下に入れるかまたは、右肩を頭の後ろに引いてくる、のどちらかを意識して、できるだけ軸固定するように。

      いいね

  2. いおた。 より:

    まおぷーさん、トップの位置が変わっただけで球筋も良くなったんですね!
    球が掴まるようになって飛距離も出てくると益々ゴルフが楽しくなると思います。
    ドライバーは一番掴まりが悪いポジションにすれば良いと思います。
    飛距離はまだまだ伸びそうですね!練習頑張って下さい。

    いいね

  3. より:

    いおた。さん、おはようございます。
    本人も掴まった球の打感に驚きながら喜んでいました。
    まだぎこちない感じで振っているので、慣れればだんだんと飛距離も伸びるでしょうね。
    ドライバーの調整は、今は一番掴まる、ロフトを増やす設定なので、ノーマルに戻してみます。
    ありがとうございました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中