■maoぷ~のスイング

いつものようにGOLFZONの保存動画からキャプチャーしました。

mao20170114_1

アドレスでグリップエンドが体に近すぎるような気がします。上の段の3枚目で、グリップはVゾーンに入っていますが、フラブヘッドが下に垂れています。ヘッドのみインサイドに入っている感じですね。
4枚目ではもう少しコックが入っていてもいいかもしれません。
下の段の2~4枚目ではVゾーンの上側のラインにグリップがあり、そこからコックをしているのでしょうか?3枚目の位置で止まっていればいいのですが、さらにヘッドが動いてオーバースイング!身体が柔らかいので、ある程度はいいでしょうが、早めにコックを決めてしまえばここまでオーバースイングにならないと思います。

mao20170114_2

ダウンスイング。これはちょっといただけないですね。。。グリップが上のVライン上を動いてヘッドはさらにその上を降りてきています。4枚目のインパクトでは腕とシャフトが一直線。ヘッドの軌跡そのものはそんなにアウトサイド・インではないのですが、腕やグリップは完全にこすり球の軌跡です。この後、左に引っ張り込むので、左肘が折れ曲がって『チキンウイング』状態になってしまいます。

コックを早めに決めて、切り返しで左に体重移動するまで腕はなにもしない、そんな感じで練習するといいのではないかと思います。

mao20170114_3

これは7番アイアンですが、比較的いい感じのスイングです。2枚目がトップ。ここでできた腕とシャフトの角度(腕は右でも左でも自分の意識しやすいほうでOK)をキープするようにすると、3枚目では赤のラインのように角度が保てます。ここですでに手首をキャストしているので、(※キャストというのは、釣り竿を大きく振って遠くに針を投げ飛ばす感じの手首の動きのことをいっています。)外回りするのだと思います。
それに3枚目ではまだ右足に体重が残っているように見えます。
トップで腕を含む上半身は何もせず、左に体重移動して腰を切る!そうすると、自然にいい位置にグリップが降りてくるはずです。それでも外から降りてくるなら、左腕を胸に引き付けるか、右ひじを脇腹にくっつける感じを意識すればなおOK。
mao20170114_4
こんな感じで、さらに左足ウエイトになっていればカッコよくなるし、飛距離は断然伸びるはずです。

修正箇所はたくさんあるけれど、優先順位をつけて順番に直していけばいいよ思います。一時期失敗ばかりでイヤになってしまうかもしれませんが、そこでやめてしまうと元に戻るので、やり続けることですね。

AQUAにはコーチもいるし、動画を確認することもできるので、有効につかってがんばれ!

広告
カテゴリー: 練習 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中