■ヘッドターン2

大分自分のものになってきた感じのヘドターン。今日の写真のあるのですが、ちょっと暗くてはっきりしないので、前回のやつです。ほぼこんな感じで安定しつつあります。

swing1216_0

swing1216_1

swing1216_2

インパクト直後からフォローまで。徐々にヘッドターンしています。今日、武藤プロに確認してもらいました。

私『ターンが遅くないですか?2枚目あたりでもっとターンしていたほうがいいのでは?』

プロ『腕の動きとしては最高じゃないですか?これ、いいショットだったでしょ?それとも右に飛んでますか?』

私『厚い当りで、間違いなくダウンブローに入っています。ストレートからややドローです。』

プロ『2枚目でターンしたい気持ちはわかります。でも、それは腕ではなく上半身の動きで制御するべきでしょうね。難しいですよここから先は。今のスイングでは左の起き上がりが早いので、左の腹筋から斜腹筋で押さえる感じですね。』

う~む・・・これはできそうにない・・・相談の結果、このまま固めていくことにしました。

ヘッドをターンさせると引っかかるような気がするのですが、実は逆に右に行きたがります。メカニカル的にはターンさせようとする分、インサイドから入ってインパクト付近ではフェースが開いた状態になるのだそうです。そして、フォローにかけてフェースが閉じ始めて、若干右に飛び出しドロー回転で戻って来るのだそうです。そういえばこのごろ右に抜ける球が時々出ます。タイミングが難しいですが、だいぶ慣れてきました。

それと、ダウンスイングでの右脇のルーズさをなくすため、右脇にアイアンのヘッドカバーを挟んで練習しています。インパクト後は落ちてしまいますから、アイアンカバーに紐をつけて首からぶらさげています。これだと楽ちんです。この矯正をし始めてから、インサイドから入る確率がぐっと増えます。毎回半分くらいはこれを装着して打っています。

もう一つ、足の荷重位置に注意をしています。津川コーチから足裏全体で受け止めるようにアドバイスされました。私はトップで踵体重になり切り返しで上半身が立ち上がったような(前傾が維持できていない)感じになってしまいます。

今まで『後ろに体重が行かないように』と、気を付けていたのですが、実はアドレスからバックスイング開始時につま先体重になっていたのが原因のようです。そのままトップまで行くと前に倒れそうになるので、後ろに重心を移してしまっているのでしょう。

津川君が右足をしっかりと持ってくれて、バックスイングすると足裏全体で地面を押す感じが分かりました。

同時にフォローで右足の内側がめくれる、つま先が少しだけ開く、も悪癖も修正です。バックスイングと同じように足裏全体に荷重すると、ピクリとも動きません。
そして、ダフる確率がかなり減ります。左に体重を流すよりもスティープに入りやすくなるんでしょうね。

ところが、これ、今のところ再現性がよくないんです。。。まだまだ練習が必要ですね。

 

こんな環境で練習しているのだから、うまくならないと『何やってんだ』ってことになりますね。。。来シーズンは頑張るぞ!

広告
カテゴリー: 練習 パーマリンク

■ヘッドターン2 への4件のフィードバック

  1. ユベオツ より:

    象さんの探求心は、いつもながらスゴいですよね! 冬のあいだはなかなか気軽に練習できる環境がない…とはいえ、自分のスイングを見つめ直して突き詰めていかないと、なかなか進歩できませんものね。自分のスイングを客観視できるという点で、AQUAは本当に最高の環境なんでしょうね~。

    なんだかんだと早いところではあと3ヶ月くらいでオープンするコースもありますし、まだまだ冬は長い…なんてうかうかはしていられません。明日は7℃まで上がるそうなんで、久しぶりに屋外で打ってこようかな~。このところ練習を休んでいたおかげで、首や肩、ふくらはぎ、股関節など、あっちこっち痛みや違和感があったところがほぼ治りました。(笑)

    いいね

    • より:

      ユベオツさん、こんばんは。
      冬の練習はつまらないですから、なにか目標を持ってやっていきたいです。順次確認ができる環境は私にとってはうれしい限りです。

      そうですよね、あと、3~4か月でまたゴルフができます。長いのか短いのか・・・
      たまに身体休めると、キレが出ていい感じになることもありますし、クラブをどうやって上げていくのかわからなくなることもあります。。。

      いいね

  2. いおた。 より:

    ゴルフってスイングのメカニズムを知れば知るほど意識する箇所が増え、難しさを感じるようになりますね。
    今日は大曲の屋外でゴルフ仲間の知り合いに簡易レッスンを受けて来ましたが、僕でもコックの解放が早いと指摘されました。
    それと体の開きも早いのでボールの右側を見続けてインパクトするようにと言われました。
    こういうのを意識しながらスイングすると違和感が有ったり、球は思いきり右に出るわで中々思うように行きませんでした。
    これが練習で身に付いたとしても、コースに出ると元の木阿弥なんて事も有りますよね…結局の所、ゴルフという物は変な癖が付く前にきちんとレッスンを受ける事が大切な気がしました。

    いいね

    • より:

      いおた。さん、こんにちは。
      いおた。さんでも開放が早いんですか?ちょっと意外ですが、みるひとがみるとそうなんですね。

      意識するポイントはせいぜい2か所まででしょうね。違和感がなくなり、自然にできるようになるまでやりこむのも大事だと思います。

      おっしゃる通り、コースでは自分本来のスイングが出てしまいがちなので、『あの練習は何だったのか?』ってことがよくありますね。
      私もS君に教えてもらった後、すぐにレッスンに通えばよかったと反省しています。なまじスコアがついてきたものだから、これでいいのだ、と過信してしまいました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中