■アイアンのカーボンシャフト

先日、HONMA TW727 IB95Sの感触がよかったので、ちょっと考えていました。

このシャフトのいいところは、やはり元調子で少し重量感のあるところでしょう。MIYAZAKI KenaBlue8では、少し軽く、スイングが安定しません。腕のせいが大きいでしょうが、今までより30も軽くなります。5番アイアンで392g近辺。TW727なら407gです。(現用は427g)

カーボンに換えるときはマイナス20gくらいがちょうどいい、と言われています。まさに、95gくらいのシャフトがいいのでしょう。

しかし、さすがに新調するにはご予算が・・・

で、いろいろ調べていましたが、なかなかカーボンで手元調子はないんですね。。。

やっと見つけたのがこれ。
1473685510043

ProjectX Graphite アイアン用の.355チップのテーパーです。5.0はRSとのことですが、スチールと同じならばかなり硬いはずです。元々振動数管理のブランドなので、同じと考えていいのでは?と思います。
ところが、単品販売しているのは3番用、4番用とウェッジ用か、6本のセット販売です。そこで、4番用を購入して7番のヘッドに組んでみました。
ヘッドはこれ。
1473685497648
RMXのMBです。

番手別設計のテーパーをチップカットするのはよくありませんが、とりあず挑戦。1インチ切りたいところですが、入らなくなったら困るので1cmほどカット。手持ちのソケットで.355用ではうまく入らず、.370のを流用。
長さを合わせてカット。仮組みしたところ、なんと401gでバランスD1.6!驚きです。組上がりで405gD2と、理想的な数値です。ただ、実質2番手ずらしなので、かなり柔らかくなるかもしれません。

接着剤が乾いたところで、いてもたってもいられず、試し打ちです。今日は千歳空港までお出迎えするので、その途中北広島で打ちっぱなし。274というとってもお安い練習場です。
100円で30球も打てます。コースボールのいわゆるロストボールでも100円で18球打てます。

始めていきましたが、このマットにはちょっと感心です。
1473685524312ダウンブロー練習用ですね。

これがなかなか秀逸で、抜けがとってもいいのです。おかげで、肘への負担が極小で何発でも打てそうです。

新SWで慣らした後、ProjectXの試し打ちです。

いい感じに振れます。やっぱり元調子ですね。切り返しでグッと撓るのが気持ちいいです。操作性もよくちょっと溜めて右に打ち出しフックとか、外から入れてフェードなども、私の腕前でもある程度打ち分けられます。ややドローが強いのは柔らかいからでしょう。5.0の素のままでいいような気がします。
着弾点は見えませんでしたが、34°にしてはそこそこ飛んでいる感じです。150ヤードには届いていませんが、135~140くらいは行っているようです。

時間の都合で100球ほどしか打てませんでしたが、とってもいい感じで、肘の痛みもなく、終了です。

ここ、いいですね。ちょっと蚊らしき奴が多いのが気になりますが・・・

RMX116アイアン、リシャフトしちゃおうかな・・・そんな気持ちになってきました。

広告
カテゴリー: クラブ, 練習 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中