■SRIXON Z725 アイアン

やっぱり肘の具合が気になるので、アクアではカーボンシャフトのアイアンを試していました。
XXIOとか、CallawayのAPEXなどを試しましたが、いまいちタイミングが取りにくく、『ヤッパリカーボンはダメかなぁ・・・』と思っていたところ、SRIXON Z725に巡り合いました。シャフトはMIYAZAKI Kenaの8S。80g台のしっかりしたシャフトです。

これがピッタリとはまりました。切り返しのタイミングが取りやすく、打痕をみると芯に近いところに集まり飛距離も十分。ロフトが2度ほど立っているのもあるでしょうが、厳しめのデータが出る打席で、140ヤード越えが連発していました。ただ、ちょっと弾道が高いのが気に入らないだけです。

肘への影響は断然カーボンのほうが優しいですね。特にミスヒットしたときに違いを感じます。

それで、家に帰って、中古を物色。

ありました!

程度は良いとは言えませんが、価格はとてもリーズナブル。ポイントもたっぷりあったので、肘のリハビリ用にポチリと・・・

到着して分かったのですが、どうやらある工房のシールが貼ってありました。純正のMIYAZAKI Kenaシャフトなので、購入後工房で調整してもらったのではないかと思います。ライ角とかロフトをいじっていないか心配はありますが、とりあえず用方向に考えることにしました。

1470912345277シールがこれ。

Fitting by golf-labo Osaka Japanと、シールに書いてあります。Webで調べてみるとここのようです。サイトを読んでみると、こだわりのある工房のようです。

テーブルに並べてみるとこんな感じ。
1470912561869

シャフトのロゴの位置がばらばら。おそらくスパイン調整しているのではないかと思います。

このフィッティングが私に合うかどうかは疑問ですが、これもよいほうに考えることにします。結果は明日の早来ラウンドでわかることでしょう。

ははは・・・まだ一度も現物を打っていません・・・

 

広告
カテゴリー: クラブ パーマリンク

■SRIXON Z725 アイアン への2件のフィードバック

  1. いおた。 より:

    おぉ、これは中々しっかりしたカーボンシャフトのアイアンですね。ヘッドも上級者好みで象さんに合いそうですね。
    また有名な工房で色々と調整してありそうなのが良さげですね。それでは本日のラウンド報告を楽しみにしています!

    いいね

  2. より:

    いおた。さん、おはようございます。

    どうやら中古市場では、ノーマルが一番重宝されるようです。いじってあるクラブは買取価格が低い、と聞いたことがあります。
    はい、今日のラウンドで確認してみます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中