■クラブセッティング

今回UT3を入れたことで、若干の変更がありました。こんな感じです。

FWの5番はいらなくなったようで、今後はバッグから抜くつもりです。

そうすると4Wと3UTの間がちょっと開くのですが、4.5W的なロフト17度、42.5インチくらいのものを入れると丁度いいのかもしれません。

重量フローはこんな感じです。SWは特殊なクラブなので、リストから外してあります。

setting20160702

UTが短い分軽めになっています。YAMAHAのDシリーズは全体的にヘッドが軽いので、3gほどヘッドに鉛を貼って、グリップエンドに8gほどカウンターウエイトを仕込みたいところです。

ヘッドに鉛を貼るとシャフトが柔らかくなるのですが、UT4のほうはそれを見込んでNS950FWのXフレックスを入れてあるのでいいのですが、UT3はDGSLのSなので、ちょっとためらっています。

今回初打ちしたUT3は何も問題なくDGSLのウッド用シャフトには満足しているので、というか、NS950FWよりタイミングが取りやすいので、むしろUT4もDGSLにしたいのですが、あいにくの廃番です・・・中古シャフト探すしかないですね。どこか在庫持っているところないでしょうか?

で、UT3をいじれないとすると、このままの重量フローでいくしかないのかな、と。もう一つの案は、DGSL(S)をチップカット多めにしてUT4に入れ、UT3はカーボンを入れる、とかも考えています。

振動数はこうなっています。UT2本は、自分で感じたアバウトな値なので参考値です。
cpm20160702

平均からやや硬め、といったところでしょうか。フローはいい感じになっています。今のところ特定のクラブが硬いとか掴まらない、という感触はないので、自分なりにいい仕上がりだと満足しています。
いや、4Wだけはちょっと掴まえそこなってスライス気味になることがありますが、これはたぶんPingの大型ヘッド(重心距離が長い)のせいだと思っています。

重量も振動数も5Wがちょっとだけずれています。最初に書いたとおり、4.5W的なクラブを入れることになりそうですが、そこそこ重量のあるシャフトをいれてアイアンの流れで方向性重視にするか、ロングの2打目やティーショット目的で60g台のやや軽めのシャフトをいれて、飛距離を重視するかで迷っています。
AWが少し柔らかめになっていますが、PW用のシャフトを使っているのでどうしてもこうなってしまいます。フルショットしないので、特に違和感がありません。

クラブいじりは考えているだけでなんか楽しいです。

 

 

広告
カテゴリー: クラブ パーマリンク

■クラブセッティング への6件のフィードバック

  1. いおた。 より:

    おぉ、象さんもローロフトのウッド探しですか。僕は20度以下のウッドはFWもUTも地面からは球が上がりにくく打てません。
    元々僕はウッド系は打ち出し角が低いのと球を拾うのが下手なので、ある程度ロフトがある物(22度のUT)で180~200yard飛べば良いかな、という感じです。
    象さんもXシャフトを使うのですね。ヘッドウエイトによってはXも軟らかくなりますよね。僕もドライバーのヘッドウエイトを2g増やしてアッタスの6Xが更に軟らかく感じました。硬いけど重くてしなるクラブが飛ぶような気がします。

    いいね

    • より:

      いおた。さん、こんばんは。
      アイアンの飛距離、PW105、7I135から考えて、U4で165~170(ラン込)、U3で175~180ヤード(ラン込)くらいがちょうどいいので、FWは190~200を目標にしています。
      いおた。さんはロフト立てて打てるので、FWは上がりにくいのかもしれませんね。
      950FWはXでもそんなに硬くはありません。最初Rを入れて失敗しました。
      ヘッド重量2gくらいでは振動数はわずかしか変わらないんですが、実際打ってみるとバランスがアップするのも含めてかなり柔らかく、しなるように感じますね。

      いいね

  2. ヒカル より:

    いいですね!重量フロー!
    重さが均等になっているのを見ると、それだけで安心があってショットも安定しそうなイメージがありますwww

    象さんは、意外と結構な重めのアイアンを使用しているんですね・・!

    ちなみに僕のはこんな感じです。
    http://upup-life.com/golf/club-settings/
    ここまできたら、ドライバーも42インチくらいの短尺にして、アイアンベースなセッティングにしてしまおうかと思っていたりもしますwww
    (まぁ、さすがに実行には移さないと思いますがw)

    いいね

    • より:

      ヒカルさん、こんばんは。
      数値そろってないとなんか不安なんですよね。ヘタなのをクラブのせいにしたくないし・・・

      100gくらいのシャフトでそろえよう、と思っていましたが、実際に入れてみると、軽いと手で振ってしまうんですよ。で、スライス・・・特に長いアイアン。アクアのプロにも重めを勧められました。
      今のシャフトはmodus125のRです。DGS300より2gほど軽くて振動数は半フレックスくらい柔らかい感じです。

      ヒカルさんのアイアンシャフトはM10DBなんですね。100gくらいですかね?キャロウェイ専用なので、あまりデータがありませんが。
      ヒカルさんのヘッドスピードからすると、アンダーなスペックのように思いますが、スイングはそれぞれなので、フィーリングが合うやつが一番ですね。

      いいね

      • ヒカル より:

        そうですね、M10DBです!
        時々引っ掛けがあるのが困るくらいで、飛距離の誤差も少ないですし高弾道ですし、アイアンに関してはそれほど困ったと思ったことは無いですね。
        握力がそれほど無いのかもしれませんwww

        いいね

  3. より:

    ヒカルさん、おはようございます。

    ドライバーは特殊クラブなので置いておいて、FW~UT~アイアン~ウェッジのつながりが大事ですね。うまく飛距離の階段がつくれて、できれば高さもそろえたいところですね。
    距離の他にスペックの統一まで考えるとUTのセッティングが一番難しいと感じています。

    ヒカルさんは剛腕でしょ!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中