■シャンク撲滅か?

いろんなアドバイスをもらって、考えながらうっていましたが、今日は1発もシャンクしませんでした。

気を付けたことは、

・フィンガーグリップ
・バックスイングで顔でクラブヘッドを追っかけない
・左ひじを体に引き付けておく

こんなところです。フィンガーグリップはすっかり忘れていて、パームに近くなっていました。これを修正すると落ちていた飛距離が戻ってきました。忘れてはいけないですね。

保存した動画を連続写真に加工してみました。

Swing001

Swing002

バックスイングでちょっとインサイドに引いています。この前まではきっちりシャフトラインに上がっていたんですけどね。。。

6枚目のトップの位置で身体が起きていますねぇ・・・インサイドに引いているのが影響してか、トップの位置が低い気がします。身体の起き上がりは5枚目くらいから始まっているようです。

起き上がった上体が一度少し沈んで、インパクト直前からまた立ち上がっています。

インパクトの手の位置は少し前にでていますが、立ち上がることで調整しているのでしょうか?

あと、もっと左腰で引っ張っていかないとだめですね。11枚目なんか、インパクトだかアドレスだかわからないくらいです。。。

明日からの修正点は見えてきました。

・アウトサイド気味にバックスイング
・トップの位置をもう少し身体から離して高めにする
・ウエイトシフトをしっかりして左腰で引っ張る

あ、シャンクしなくなったのはグリップ交換も影響しているかもしれません。違和感なくフェースを真っすぐにしてアドレスできるようになりました。それと、柔らかめ、やや太めのグリップがフィットしています。
出玉もほぼ真っすぐでそろってきました。引っ掛けの心配をしなくてもよくなった感じです。

 

広告
カテゴリー: 練習 パーマリンク

■シャンク撲滅か? への2件のフィードバック

  1. いおた。 より:

    シャンクってインパクトで上体が起き上がる事で発生しませんかね?上体起きて手元が浮いてヘッドが前に出て…みたいな。

    いいね

    • より:

      いおた。さん、こんばんは。

      そうですね、それはよく言われているようで、大方の原因はそこにあるそうです。
      あと、他にもいろんなタイプがあって、例えばスライサーのシャンクとフッカーのシャンクは原因が違うようです。
      難しいことはわからないですが、私の場合、左ひじがルーズになっていたこと、フェース管理ができていなかったこと、プレーンがフラットになっていたこと、などだと思います。
      今日も練習行ってきましたが、まったくシャンクしなくなりました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中